ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

アウトドアウェアにファッションの視点を加えたプロダクトを送り出し、コアなファンの支持を集めてきた「and wander(アンドワンダー)」。デザイナーの池内啓太さんと森美穂子さんに、2011年のブランド立ち上げから、キーとなるアイテムのこと、アウトドアへの想い、そしてこれからの展望を伺いました。
(インタビュアー:YAMAP 清水直人、記事/撮影:小林昂祐)

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—まず、and wanderの成り立ちについて教えてください。

池内:and wanderは、ファッションデザイナーの池内啓太、森美穂子が立ち上げたブランドです。

ブランドを立ち上げる前は、ふたりともアウトドアが共通の趣味で一緒に遊んでいたのですが、いわゆるアウトドアウェアがどうしても感覚的に合わなかったんです。防水性や耐風性、速乾など、アウトドアでの機能に優れたウェアはたくさんあったのですが、いざ自分がそういう服を揃えようと思ったときに戸惑ってしまったんですよね。

その頃、デザインの仕事をしていた私たちの仲間や、同世代の東京で暮らしている比較的感度の高い人たちは、アウトドアウェアに対して同じような印象を抱いていたと思います。それを感じながら、「何か自分たちでも、山で着たいと思える服やモノを作れるのでは」と、思いはじめたんです。

当時は「何年にブランドをはじめよう」といった目標はなく、私たちなら「こんなものが作れるかもしれない」「こんなものは面白いかもしれない」という理想を持ち寄っては、試作品を作っていました。そうして、ある程度輪郭が見えたときに「これだったら続けられそうだ」ということでブランドとして立ち上げました。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—立ち上げ当初はどのようにものづくりをしていたのでしょうか。

池内:勤めていた会社を退職したのが2009年の夏。その年はひとりで悶々と過ごしていて、2010年が本格的な準備の時間でしたね。この事務所は2013年からで、それまでは夜な夜な今はなき表参道のロイヤルホストで仕事をしていました。

森:展示会は間借りしていた友人の事務所、今でもアートディレクションをお願いしているデザイン会社の会場を借りて行っていました。

池内:前職で勤めていた会社は規模が大きかったため、仕事内容がしっかり分業されていたのですが、and wanderでは企画から製造、販売まで自分たちですべてやっていかなければなりません。しかも、最初の頃はどうやって売っていいかわかりませんでした。展示会をしてもバイヤーさんを知らないし、そもそも誰を呼んでいいかもわからなかったんです。なのでオフィスの一角にサンプルを並べて、繋がりのある知人たちをとにかく呼んで、見てもらっていました。ファーストシーズンはそんな感じでしたね。

森:お店には、池内くんが直接伺って売りに行ってましたね。

池内:まだ製品が少ししかなかったので、バックパックに入れて持っていって、レジの前に並べさせてもらうという感じでした。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—今でも当時開発したモデルがラインナップしているんですよね。

森:もちろん素材がアップデートされていたり、パターンの見直しが入ったりしているのですが、原型となったものは今のラインナップの8割くらいはありますね。

池内: あの頃は、今と違ってゼロからのものづくりだったので、ふたりで延々と話して、試行錯誤していた記憶があります。何を作ってもいいという状況のなかで、何を作るか見極める段階でした。その段階でブランドで展開する基本的なラインナップは出来上がっていて、現行のアイテムの多くはそのときに生み出したものがベースになっています。

もちろん、製品を使い込んでいくうちに違うと感じたところは改良しています。基本的な考え方はそんなに変わらないのですが、商品たちは新陳代謝をしているというような感じですね。

森:私たちデザイナーが親しんでいるアウトドアフィールドが、創業当初から今まであまり変わっていないんですよね。もし私たちの仲間に、海外のすごく高い山を目指すような登山家がいたら、そのための新しい製品が生まれているかもしれません。でも、私たちはずっと東京に暮らしていて、週末や長い休みにどこか出かけるようなことがずっと好きなんです。だから最初に作ったものが今使えなくなるかというと、そうではないんですよね。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—それがand wanderのスタイルになっているのかもしれませんね。

池内:山で遊ぶためのウェアではあるのですが、やはり私たちはファッションのフィールドが出身なので、ファッションとしてのデザイン性、都会的な感覚も大切にしたいと思っています。もちろん自然と対峙するウェアなので機能面も優れている必要があります。そこを担保しながら、ファッションとしても成立させるというのは、自分たちが目指しているブランドの姿でもありますね。

and wanderのアイテムは、山のアイコンでフィールドへの対応性能を示しています。山をしっかり歩くことのできる山マーク3つのハイグレードのものから、山マーク2つのキャンプや山マーク1つのカジュアルなライフスタイルまであります。そのすべてをファッションとして楽しんでもらいたい。同じウェアで山と街をシームレスに繋いでいく感覚を、ブランドとしては提案していきたいです。

私たちはウェアを通じて、アウトドアで遊ぶことの楽しさや、自然の素晴らしさを伝える後押しをしたいと思っています。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—スカート、シェル、ゲイターのスタイルは、まさにand wanderらしいものだと捉えているのですが、どういうところから生まれたのでしょうか。

池内:もともと夏山はアウトドアウェアではなくショーツで歩いていたんです。雨が降ったときに、足は濡れてもいいけどパンツは濡らしたくない。そこで次のシーズンにパンツが濡れないようにレインスカートを作って、その次のシーズンに足元からスカートの裾まで伸ばしたゲイターを作ったんです。2013年のSSにこのスタイルが確立されました。

森:濡れるということに対して、どこか諦めているところがあるんです。

池内:昔、北アルプスの縦走をレインパンツなしのスカートとゲイターだけで行ったのですが、一週間毎日雨に降られました。教科書的にはNGかもしれませんが、それはそれで楽しんでいるんですよね。

森:日帰りの山なら、雨に濡れたら駅で着替えればいいと思うんです。日本の登山の服装や装備の「こうじゃなきゃいけない」という堅苦しいルールみたいなものにとらわれすぎなくてもいいのかなと思います。もっと自然そのものを楽しむことに一生懸命になりたいんです。

—and wanderが考えるアウトドアウェアとは、どういうものなのでしょうか。

池内:いわゆる機能的なウェアやギアを身につけるのは、変身願望のようなものだと思っています。私たちにとって、アウトドアウェアはもっとマイルドに自然を楽しむことができるものですね。

森:古着屋さんで80年代、90年代のアウトドアウェアを見つけると、ただただ面白いと思う好奇心もあるんですよね。そこには、山専用や街専用というように山でしか着られない服よりも、ファッションの視点でのかっこよさを感じます。

池内:and wanderでも、他のアウトドアメーカーと同じようにフードがついているシェルを作っているのですが、考え方や立ち位置が違うのだと思います。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

例えば、「PERTEX wind jacket」。2015年からあるウインドブレイカーですが、もともとは70年代のボックス型のマウンテンパーカーにインスピレーションを得たアイテムで、4つポケットがついていました。今はポケットをジッパー仕様にしたり、素材を変えたりしてアップデートしたモデルになっています。今もフードは70年代の流れを汲んだ円柱のような形状です。

森:素材はPERTEX QUANTUM AIR。すごく軽量で快適なのですが、透湿性能を上げるために素材だけで3回アップデートしています。

インスピレーションをもらった70年代のマウンテンパーカーらしく、ダブルステッチを入れています。これは他のメーカーさんではなかなかないのですが、きっと私たちはそのマウンテンパーカーを見てドキドキしたんでしょうね。そのイメージを大切にしたいと思っています。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

「trek jacket 2」は撥水性とある程度のストレッチ性をもたせたソフトシェルです。ムレにくい生地を選んでジャケットを作ったのですが、フードと脇の下にジャージ素材を使っているのが特徴です。もちろん通気もよくなりますが、耳の周りでシャカシャカ音がしないので煩わしさがありません。

池内:ソフトシェルはレインジャケットほど雨には強くないですが、ムレにくいですし、着ていて負担が少ないので自転車や街使いでも重宝します。街とアウトドアをつなぐ服としてソフトシェルはちょうどいいウェアです。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—レイヤリングもあまり気にせず、いろんなシーンで着られる汎用性がありますよね。

森:「3L light rain jacket」は軽量なレインジャケットです。and wanderにはレインジャケットが2タイプあって、割としっかり目の素材のものと、この軽量なもの。

池内:重量は200gを切ったこともあるのですが、結果的に快適性とのせめぎあいで、2.5層ならやはり3層の方がよかったり、ベンチレーションをつけたりと実用性も大切にしています。

森:他のブランドはベンチレーションをなくして軽量化を図っていることもあるのですが、自分たちはその5gの軽量化よりもやっぱり日本の山で遊ぶなら脇下のベンチレーションは必要だよねと。ほかにもポケットもやっぱりあった方がいいねということもあります。テント場にいる時間も結構長いですし、ポケットは便利なんですよね。削ぎ落として作ると軽くはなるのですが、自分たちの遊びにちょうどいいところを考えるとベンチレーションやポケットは必要。軽量だけど高機能なジャケットになっています。

—実際に自分が山で使いやすいかどうかという目線ですね。

森:良くも悪くも、私たちはアスリートではないんです。週末登山、お散歩ハイキングなので、このくらいのものが使いやすいんです。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

池内:バックパック「X-Pac 30L backpack」は、ブランドを立ち上げたときのコンセプトのまま。もともとは「バックパックを下ろすのが大変」というところから開発がはじまりました。山行中にバックパックの荷物を取り出すのが煩わしいなと感じていたのがキッカケで、もう少し手元にバッグがほしいなと。ポケットに入っているのは携帯電話やカメラなどありましたけれど、それだけだとちょっと足りなくて。当時はまだサコッシュがなかったんですよね。

そこで、and wanderでどういうバックパックを作るか考えたときに、雨蓋を前に持ってきてチェストバッグにするというアイデアが浮かびました。雨蓋がチェストバッグになるバックパックというのは、割と早い段階から考えていました。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

森:ほかにも、比較的にシンプルにしつつ、ファスナーを斜めにすることで荷物を取り出しやすくしています。蓋を開けずともバックパックの中身にアクセスできるので、街でも電車で中身を取り出しやすいんですよね。後から前にバッグを持ってくれば下から開ければ出せるので。こちらも基本は変わらずですが、素材もディティールもアップデートしています。

池内:この30リットルはバックパックのなかでも人気で、日帰りの山だったらこのくらいがちょうどいい。肩で荷重を背負えるように作っているので、男性でも女性でもフィットします。素材自体は防水性もあるので山目線だけでなく、街目線でパソコンも入れることもできますし、幅広い層に支持していただいていると思います。

—どんな方にand wanderのアイテムを使ってほしいと思いますか?

森:ブランドの役割としては、初心者の方、これから登ってみたいなという人のためにあるのかなと思っています。ハイキングクラブというイベントをやっているのも、そういったお客さんにも使ってもらいたいという気持ちがあるから。

また、登山って、玄人になればなるほど機能が必要なくなってきます。一通り登山をやった人、頼らなくても自分たちの知恵で対処できる人たちにも着て欲しいですね。そうするとブランドが持っているウィットみたいなものを共感してもらえると思います。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—今後の展望、ブランドの方向性は?

森:代々木上原の店舗の2階を「アウトドアギャラリー」として営業しているのですが、こういった場所で山だったり自然だったり、アウトドアのカルチャーの部分を伝えていきたいと思っています。and wanderのウェアやギアからだけでなく、自然に入っていきたいと思ってもらえる場所にしたいんです。

改造してお店にした車を使った移動販売やイベントを企画しています。去年はコロナ禍もあって活動できなかったのですが、2021年は4月から名古屋、大阪、高崎に出動が決まっているので、ふだんand wanderの服をタッチできない人に届けたいと思っています。

—近年、ものづくりの意味が変わってきたように感じています。and wanderではどのような変化がありましたか?

森:「無駄なものを作らない」「環境にいい素材を選びたい」ということは常々考えています。自然にいると当たり前に循環性みたいなものをリアルに感じますよね。それは勉強として知ったというよりも、肌で感じたこと。今、サステイナブルと言われたからというよりも、根源的なことだと思っています。もっと多くの人がそっちに向かっていくといいなと思っています。

池内:強いていうなら、みんなが情報を欲していると感じています。YAMAPさんがやろうとしていることに通じるのかもしれませんが、背景のあるものづくり、ちゃんと理由のあるものが大事になっていくのかなと。

ファッションとアウトドアをシームレスにつなぐ、and wanderのこれまでとこれから

—ふたりにとって、アウトドアとは?

池内:アウトドアとは、心を豊かにしてくれるもの。僕は学生時代から旅が好きで、60Lのバックパックにいろいろ詰め込んで、バックパッカーの旅を1ヶ月くらいやっていたこともありました。いろんなことを見たり、触れたり、体感したりということがそのとき面白くて。

登山をするようになって、自然の遊びをするようになっても同じくらい楽しかったんですよね。旅は旅で人の営みに触れて楽しかったのですが、自然はより根源的。面白いというか豊かになります。

都会に息がつまってしまっても、自然に行くことで解放されることがあります。アウトドアは「自分には関係ない」「行くところではない」と思っている人にも知ってもらい、加わって欲しい。私たちは洋服をつくること、and wanderというブランドを通じて自然で過ごすことの魅力を伝えていきたいと思っています。

andwander(アンドワンダー )商品一覧

商品一覧へ
森美穂子(もりみほこ) / 池内啓太(いけうちけいた)

森美穂子(もりみほこ) / 池内啓太(いけうちけいた)

森美穂子 デザインチームを経て2003年に独立。フリーランスのデザイナーとして活動した後2010年に池内啓太とand wanderを設立し共同デザイナーに。 池内啓太 メンズウェアや雑貨のデザイン、企画などを経て2009年に独立。2010年に森美穂子とand wanderを設立し共同デザイナーに。

紹介したブランド

  • andwander

    andwander

    雨にふられるのも 風にふかれるのも 歩くのも 山は楽しい 2011春...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした