山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」

大正製薬とYAMAPが協力し、登山におけるゼリー飲料「リポビタンゼリー for Sports」の有用性を検証する特別企画「行動食にプラスワン。山ゼリー習慣をはじめよう」。全3回の連載で、登山と行動食、そしてリポビタンゼリー for Sportsを行動食に取り入れるメリットについて、様々な角度から分析していきます。

その第1弾のテーマは「行動食選び」。YAMAPスタッフがふだん食べている行動食を、管理栄養士で登山ガイドの「ヤッホー!! さん。」がチェック。登山に必要なエネルギーや栄養など、正しい行動食選びができているかをレビューしていただき、さらに「リポビタンゼリー for Sports」のメリットをお届けします。

ご紹介する商品はこちら

「リポビタンゼリー for Sports」が登山で活躍する2つの理由

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」

YAMAPスタッフの行動食をチェックする前に、今回のメインアイテムである「リポビタンゼリー for Sports」についてまずはご紹介します。ゼリータイプの飲料はスーパーマーケットやドラッグストアなどでも購入できる身近なものですが、「山専用」と言っても過言でないスグレモノが「リポビタンゼリー for Sports」。いかに登山で活躍するのか? その実力をヤッホー‼ さん。に解説していただきました。

いきいき登山ガイド

ヤッホー!!さん。

管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持ち、食事・運動・安全管理の3つの立場から捉えた健康増進に効果的な山歩きを案内している。

1)3種類のエネルギー源を配合したマルチカーボ組成

ヤッホー!! さん。「まず、喉が乾きがちな登山において、カロリーを手軽に摂取できて喉も潤せ、おまけに満足感も得られるゼリー飲料を行動食にするのは、いい選択ですね。

僕もよく山にゼリー飲料を持っていくんですが、改めてリポビタンゼリー for Sportsのスペックを見て驚きました。

エネルギーをゆっくり摂取していくために消化吸収速度が異なる3種の糖が配合されていたり、登山時に嬉しいクエン酸などの成分が含まれていたりと、長時間の活動が必要な登山にピッタリな商品だと思います」


2)登山に欠かせないビタミンB1・B2・B6をプラス

ヤッホー!! さん。「エネルギー源以外にも、クエン酸やビタミンB1・B2・B6といった、山行中の行動をサポートする成分がしっかりと含まれているのも登山で活躍しそうなポイントですね。とくにビタミンB1・B2・B6は、エネルギー生産をサポートしてくれるので、カロリー消費の激しい登山に最適な組み合わせだと言えます」


行動食にゼリーを選ぶ利点

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」フタを閉められるゼリーは非常食としても◎

◎シーンを選ばず食べやすい

ヤッホー!! さん。「パサパサしている菓子パンや味の濃い惣菜パンなどは、水分を取られてしまうので食べにくいと感じている方もいるはず。一方、ゼリータイプは口当たりがよく、同時に水分も摂取できるので一つは持っておきたいですね。疲れているときも摂取しやすいですよ」

◎味の切り替えができる

ヤッホー!! さん。「行動食は甘いものばかりやしょっぱいものばかりだと、味に飽きてしまいますよね。『リポビタンゼリー for Sports』はマスカット味のすっきりとした味。疲れたときや食欲がないときにもスッと無理なく味わえると思います」

◎非常食としても役立つ

ヤッホー!! さん。「万が一の備えとして、行動食は多めに持っていくのが大事。とくに夏場はチョコレートやお菓子は溶けてしまったり、賞味期限が短かったりと長持ちしないため、保存が効く『リポビタンゼリー for Sports』は万が一の備えとしても活用できるでしょう」

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」

YAMAPスタッフの行動食選びをヤッホー!! さんがチェック!

ヤッホー‼︎ さん。もそのスペックに感心する「リポビタンゼリー for Sports」ですが、さすがに“行動食はゼリー飲料だけ”というのも、味気ないもの。実際多くの方は、ゼリーだけでなく、おにぎりやパン、お菓子などさまざまなものを選んでいるかと思います。

しかし、栄養バランスまで考えて組み合わせているという方はほとんどいないというのも事実…。そして、我々YAMAPスタッフもついつい自分の好みを優先して行動食を選びがちです。

そこで、管理栄養士で登山ガイドのヤッホー‼ さん。にYAMAPスタッフがスーパーマーケットで選んだ行動食をチェックしていただきました。ここからは、YAMAPスタッフもついついミスしてしまいがちな事例を参考に、理想の行動食を模索していきたいと思います。検証に参加したのは、YAMAP東京オフィスに勤務する30〜40代のスタッフ3名。日頃から登山には行き慣れており、長期休暇にはテントを担いで縦走にも出かけています。

今回は日帰りで大山ケーブル駅から大山を往復する約5〜6時間の登山をすると仮定して、行動食を選んでもらいました。なお、昼食は含みません。それでは、早速スタッフが選んだ行動食の中身、そして容赦ないヤッホー‼︎ さんのレビューを見ていきましょう。

ケース①|パンとスナック、チョコレートの「茶色系」行動食(40代男性)

窪田 一紀(くぼた かずき)

大学卒業後、クラブツーリズム株式会社にて登山ツアーの商品造成・添乗業務に携わる。週末は日帰り登山を中心に、夏はアルプスの縦走を楽しむ。好きな山は釜無山(人の少ない山)。YAMAPでは登山教室・YAMA LIFE CAMPUSを担当。

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」スタッフ窪田が選んだのは、チョコレートがトッピングされたスティックパンにピーナッツ入りの柿の種、カレーパンとチョコバー。

ヤッホー!!さん。「ひとめ見て、体力のある男性が選びそうなものだなという印象です(笑)。糖質に偏らず、ナッツなどの脂質からもエネルギーを摂れており、バランスはいいですね。脂質は1グラム当たりのエネルギーが高いため、行動食の軽量化が期待できます」

>>>ガテン系行動食は疲れたときに食べにくい

ヤッホー!!さん。「ただ、消化が悪いものもあり、胃がもたれるリスクがあります。とくに、体力を奪われて消化機能が低下した時には、この行動食は食べにくいはず。さらに夏場の暑さが加わると、血流が筋肉に行ってしまい、胃などの消化器官に血流が行き渡りにくくなるので、より影響は大きくなります。食欲がなくなるので、とくに『カレーパン』は体力がある方でないと辛いと感じるかもしれません」

>>>「リポビタンゼリー for Sports」をプラスするとサッパリ

ヤッホー!!さん。「あっさりしたもの、適度に酸味のある食品が入っていると、気分転換にもなってよいでしょう。また、非常時には硬いものや歯ごたえのあるもの、パサパサしたものを食べづらく感じます。そのため、非常食として『リポビタンゼリー for Sports』を入れておけば、食欲がないときでも手軽にエネルギーを摂取することができます。賞味期限も長いので、もし食べなかったら次回の山行に持ち越せばOKです」


ケース②|おにぎりとお菓子、グミの「糖質中心」行動食(30代女性)

乙部 晴佳(おとべ はるか)

アウトドアブランドのアパレルMDを経て2021年9月にYAMAPに入社。登山をメインに、スノーボードからトレイルランニングまでアウトドアを全方位楽しみながら、フィールドで得た気づきを生かして商品企画を行う。

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」スタッフ乙部は、おにぎりとチョコレート、バターを染み込ませたフィナンシェ、そして果汁系のグミをセレクト。

ヤッホー!!さん。「全体的にカロリーは少なめですが、おにぎりとフィナンシェ、グミはどれも糖質です。糖質は効率よくエネルギーになりますが、『血糖値スパイク』を起こす危険性があります。血糖値スパイクとは、血糖値が急激に上がることで、それを下げようとするホルモンが過剰に働き、だるさを感じたり、バテやすくなってしまう状態のこと。もし、糖質を多く摂ったあとに疲れを感じるような経験があれば、きっとそれは血糖値スパイクかもしれません」

>>ナッツやエナジーバー、パンで血糖値の急上昇を抑える

ヤッホー!!さん。「血糖値が緩やかに上がる、ナッツ類や大豆由来のエナジーバーを加えてみるといいでしょう。また、フィナンシェではなく一般的なパンにすることで、糖質以外のエネルギーも補えますし、血糖値の上昇もゆるやかになるでしょう」

>>「リポビタンゼリー for Sports」なら消化吸収速度の異なる糖質で+エネルギー摂取もOK

ヤッホー!!さん。「ちなみに、グミはほとんどカロリーがありません。おそらく気分転換や口寂しさを紛らわすために入れているように思いますが、それであれば『リポビタンゼリ― for Sports』にすることで、サッパリできますし、消化吸収速度が異なる複数の糖の中に緩やかに血糖値をあげる糖質が含まれているので、前述のような血糖値スパイク対策の一つとして、備えておくのをオススメします。

最後にひとつ付け足すとすれば、あとは『塩分』でしょうか。汗をかくと体の塩分が不足して熱中症の危険もあるので、塩分を含んだ飲料を持っていくか、休憩中にお湯でスープを作って飲むとよりバランスが取れた行動食になると思います」


ケース③|栄養補助食品をプラス「バランス重視」行動食(30代男性)

齋藤 光馬(さいとう こうま)

ヤマップ唯一の新卒社員。高校時代には山岳部として東北を中心とした山を登る。大学時代はバックパッカーとして世界中を放浪。1番のお気に入りは南米のパタゴニアでロングトレイルを歩いたこと。コーギーとビールと浜省が好き。

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」スタッフ斎藤が選んだのは、おにぎりにチョコレート、栄養バランスを考慮したバータイプ食品、登山では一般的なアミノ酸ゼリー飲料。

ヤッホー!!さん。「栄養バランスに気を遣って選んでいる印象です。血糖値を急激に上げにくい大豆由来のエナジーバーやエネルギー代謝に必要なビタミンB群の含まれるゼリー飲料、栄養補助食品(カロリーメイト)なども含まれており、バランスよく考えられていると思います」

>>保存の効く行動食は緊急時にも役立つ

ヤッホー!!さん。「栄養補助食品やアミノ酸系ゼリーは、エネルギーだけでなく、ビタミンも含まれているので持っていると安心です。日帰り登山の行動食としては、カロリーが多めに感じられますが、保管できるものも多く、食べ残しても次回に持ち越せます。行動食は少し多めに持っていき、いざという時の非常食にするのがよいでしょう」

>>エネルギー重視で「リポビタンゼリー for Sports」を

ヤッホー!!さん。「アミノ酸系ゼリーを持って行っていますが、アミノ酸は登山で疲労した筋肉の修復に適した栄養素です。日帰り登山であれば、むしろエネルギー摂取を重視し『リポビタンゼリー for Sports』を持って行ってもいいでしょう。アミノ酸の元となるタンパク質は、下山後に肉や魚、大豆などの食事でしっかり摂るのがベター」


行動食選びのポイントをおさらい

YAMAPスタッフの行動食をヤッホー!!さん。にチェックしていただきました。ひょっとしたら、同じようなものを選んでいて「ドキッ」とした方もいるのではないでしょうか。最後に、ヤッホー!!さん。と一緒に、行動食選び、そして「リポビタンゼリー for Sports」の魅力をおさらいしましょう。

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」


>>エネルギーをどのように摂取するかがカギ

ヤッホー!!さん。「行動食選びのポイントは、エネルギーを何から摂るか。基本的には、糖質、脂質、タンパク質がエネルギー源であり、これらをバランスよく組み合わせるのが大切です。

重量あたりで一番エネルギーが高いのが脂質ですが、消化吸収に時間かかり、場合によっては胃がもたれる可能性も。タンパク質も摂取後にすぐ効果が出ないので、下山後に疲労のリカバリーを目的に摂るのがオススメ。糖質は即効性があり、エネルギー源としては優れています。ただし、食べると血糖値は上がるので、糖質を短時間に大量に摂取すると血糖値スパイクを起こしてしまうリスクがあるので要注意です。

そのため、おにぎりやパンなどの糖質の高い行動食をこまめに取り、その合間、疲れを感じた際に糖分が高いチョコレートなどのお菓子で一気にカロリーを補給。昼食や下山後に肉や魚など、疲労回復効果のあるタンパク質を食べることでリカバリーをするという流れが理想的です」


>>「リポビタンゼリー for Sports」が登山の行動食を変える!

ヤッホー!!さん。「『リポビタンゼリー for Sports』の最大の魅力は、登山で本当に必要な要素をしっかり備えていること。消化吸収速度の異なる3種のエネルギー源とエネルギー産生をサポートするビタミンB1・B2・B6がバランスよく配合されており、まさに『オールインワンのゼリー!』というほどの理想の行動食なんです。

今回YAMAPのスタッフさんの行動食をレビューさせていただきましたが、ほとんどの方が組み合わせを『ちょっと変えるだけ』でOK。山の上であれば、おいしいもの、好きなものを食べたいですよね。そんな『好み』と『栄養のバランス』を上手に取り持ってくれるのが、『リポビタンゼリー for Sports』なんです」


登山の行動食を見直そう

山ゼリー習慣をはじめよう! vol.1「スーパーで買う行動食選びの正解は?」

デイハイクから縦走登山まで、山の行動食として活躍してくれる「リポビタンゼリー for Sports」。「登山後半の体力に自信がない」「山だと食欲がなくなる」「登山用のゼリー飲料を探している」という方。ぜひとも、いつもの行動食に「リポビタンゼリー for Sports」をプラスしてみていただきたいと思います。きっと山の景色が変わって見えるはずですよ。

「リポビタンゼリー for Sports〈清涼飲料水(ゼリー飲料)〉
商品ラインナップ

1回の山行で2〜3袋程度持っていくのもお勧め。ぜひ、山行のたびに、もしくはパートナーやご友人と分けてご活用ください。

保冷機能付きでゼリーをクールに持ち運べる、YAMAP STOREオリジナルの「リポビタンゼリー for Sports 専用サコッシュ」もご用意しています。

紹介したブランド

  • リポビタン for Sports

    リポビタン for Sports

    「トレーニング」「栄養」「休養」のすべてにおいて最善を尽くすこと、それ...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード