Esbit

エスビット

エスビットは1936年にドイツ南西部のシュヴァーベンの製造者であるエーリヒ・シュムによって発明および命名されました。1933年、シュムはシュトゥットガルトに自身の名を冠した会社(シュム社)を設立し、"エスビット"をそのままブランド名として固形燃料とその関連製品の製造販売をスタート。エスビットは同社の主要製品として21世紀に至っても固形燃料の代表的な製品として製造・販売されています。

Esbitの商品