arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX
PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX

PaaGoWORKS(パーゴワークス)

PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/ベージュ/UNISEX

¥13,200(税込)
在庫あり

コンパクトでスマートに使える
都会派デイパック

パーゴワークスの軽量バックパック「バディ」シリーズに、新しいモデルが仲間入りしました。現行の「バディ33」、「バディ22」の弟分にあたる、16ℓサイズのデイパック。

 

さすが兄弟だけあって見た目はとても似ていますが、コンパクトで機能的、シンプルなのに個性的、しかもカッコよく使える、機動力に優れた都会派なモデルです。

まずは基本的な収納スペースの構造からチェックしていきましょう。


荷物の出し入れは、上部に設けられたファスナーからアクセスするトップジップタイプ。幅も厚みも上が大きく底はコンパクトな逆三角形型。

上部のファスナーが幅いっぱいに広くとられているので、大きく開口して荷物の出し入れがスムーズにできます。

メインコンパートメントの中は、背面側にフラットなものの収納に便利な大型スリーブがあります。パソコン、雑誌や書類などはもちろん、吊り下げフックなどはありませんが、ハイドレーションを入れるのにもちょうどいいスペース。

メインの開口の後ろにはポケットがひとつ。深さが18㎝ほどあって収納力があり、見失いがちな小物や頻繁に取り出すお財布などを入れるのに便利です。

両サイドにあるメッシュポケットは、薄手のストレッチ性素材。ペットボトルやボトルが入るサイズで、背負ったまま出し入れができるように、微妙な角度が付けられています。

 

入口部分に伸縮性があるので、動いたり荷物を降ろして置いたりしても、中身が簡単に落ちてしまうことはありません。

ショルダーハーネスにもメッシュポケットが備えられています。ここはもっとも簡単にアクセスできる特等席。容量はさほど多くありませんが、スマートフォンを入れるならここがベストポジションです。

 

幅がおおよそ85㎜程度あるので、大型画面のスマートフォンも入りそう。すぐに使うけれど無くしてはいけない引換券やチケットなども、さっと入れておけて見失なわずにすみます。

 

収納部分はこれですべて。シンプルでベーシックな収納プランですが、それだけでは終わらないのが、バディシリーズ。ここからは、使いやすさと汎用性にこだわった、デザインをチェックしていきます。

まずは、バディシリーズ共通の、着脱式のバックパネルは見逃せません。背面に外から面ファスナーで取り付けられているので、汗をかいたら取り外して乾かしたり、バックパネルだけを取り外して手軽に洗ったりできます。ソフトで厚みがあるので、休憩時などにクッションとして使うこともできそう。

コンパクトサイズなのでヒップベルトはありませんが、チェストベルトがあるので、激しい動きをしても安定感のある背負い心地。位置はスライド式に移動でき、長さ調節もワンタッチ。さらにはバックルを止めた状態からゴムで伸縮するので、フィット感が高く、動きを妨げることもありません。

上部の両端には、長さ調節が可能なコードが備えられています。これを引くと両サイドを縮めることができ、全体の形がコンパクトに変化。荷物の量や形に合わせてスッキリと調整ができます。

 

普通ならベルトを用いるパーツをコードにしたことで、実際の重量も見た目も、かなり軽量化できています。

そしてトップにはファスナーを挟むように備えられたハンドルが2か所。電車に乗ったときや、荷物を降ろして置くときにハンドルを持つことは多いですが、通常は背面パネル側1カ所のみにあるので、持ち上げた時に荷物の重さで、本体が斜めになってハンドルを持って歩こうとすると、足に当たって歩きにくい……。


そんな不便も、2つのハンドルを一緒にもつことで、トートバッグを持つようにバランスがとれて、持ち運びは軽々。背負ったり降ろしたりを頻繁に行う街での使用には、とてもうれしい機能です。

全体的にフラットなシルエットで、荷物が少ない日常使いにちょうどいい容量ですが、荷物が増えてしまっても大丈夫。両サイドの前後にライン上にあるディジーチェーンで、自由にアレンジができます。


手持ちのバンジーコードを使って、フロントに脱いだシェルなどを付けたり、サイドにトレッキングポールを付けたり、カラビナを使ってポーチやスタッフザックを取り付けることも可能。


自由な発想で、使い道に合わせたカスタマイズしてください。

ちなみにメインのボディは、他のバディと同じ、軽くてタフな素材。シリーズのシンボル的なフロントのアルミフックは、カラビナ仕様になっているので、小さな荷物やアクセサリーをぶら下げることができます。


コンパクトでスマートなシルエットと、他のバディシリーズから引き継いだ機能で、普段の街使いからハイキングや旅行まで幅広く使える、バディ一家の末っ子。体の一部のように馴染んでどこにでも一緒に行ける、新しい仲間になってくれると思います。

PaaGoWORKS(パーゴワークス)/バディ16/グレー/UNISEX

ブランド

PaaGo WORKS(パーゴワークス)

名称

バディ16

素材

ナイロン 330D PU コーティング

サイズ

450×230×200

容量

16L

重量

450g

カラー

ベージュ

ショッピングカート