Teton Bros.(ティートンブロス)

    YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    ¥5,500(税込)

    icon_returnable10日間 返品・交換保証
    icon_returnable10日間 返品・交換保証

    軽量コンパクトでさまざまなタイプのシューズに使えるTeton Bros.×YAMAPコラボ アクティブゲイター

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    登山やハイキング、トレイルランニングなどで山に入ると、ぬかるんだトレイルや乾いたザレ場など、さまざまなコンディションの路面に出会います。

    ハイカットの登山靴ならまだしも、ミドルカットのハイキングシューズや、アプローチシューズ、トレランシューズなどのローカットシューズを履いていると、シューズの中に泥や砂が入り込んでしまったり、露で濡れた草地を歩いてシューズの中が湿ったりと、不快な思いをすることも多いでしょう。

    それを防ぐのが、ゲイターやスパッツと呼ばれるもの。雪山や雨の日に使うロング丈のものではなく、無雪期の晴れた日の軽快な足元には、コンパクトなショート丈のものが便利です。

    ソフトシェル素材の軽快な使用感

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    「アクティブゲイター」は、軽量でしなやかな、薄手のソフトシェル素材を使用した、ローカットシューズ用のショートゲイター。ティートンブロスとYAMAPがコラボして作った商品です。

    シンプルでコンパクトなシルエット。一般のゲイターのように、足裏にワイヤーやベルトを通さずに使え、ワンタッチですばやく着けられるのが特徴です。

    さらりとした手触りの素材は、繊維の1本1本にナノレベルの撥水加工を施すことで、水をくみ上げられるほどの高い撥水性を発揮。シェルやパンツなどのアクティブウェアにも使われる撥水透湿素材なので、通気性にも優れ、ムレやべたつきの心配もなし。しかも、100回洗濯を繰り返しても撥水性を確保する耐久性も確保しました。

    シューズを選ばず使える工夫とは?

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    上部のストレッチカフから、ソックスを履くように足首を通して着けるタイプ。シューズを履いたら、フロントにある黒い大型のタブの裏に付けられた金属製のフックパーツを、レースに引っかけて使います。適度な厚みと硬さのある、大き目のプレート状のタブは、操作しやすくパーツの固定がとても手軽。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    内側には、幅広のストレッチテープが裾にぐるりと配されていていて、表面の滑り止め加工によってシューズのアッパーにしっかりとフィット。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    ポイントはかかと側の仕様。後ろ側の端にはボーンが内蔵されていて、伸び縮みはしません。丸い棒状のボーンは、針金のように硬いものではなく、レインウェアなどのフードの端に入っているものと同じ、簡単に曲げられて反発力のあるもの。

    ボーンをかかとに深くかけて、グッと伸ばしてつま先側をフックで固定。すると、サイドのテープがしっかりと前後を引き寄せるようにストレッチして、シューズとゲイターをフィットさせるという仕組み。フックをかける位置を変えることで、シューズのサイズやボリュームに合わせてフィット感を調整します。

    ボーンを入れた理由は、すべてをストレッチだけでフィットさせようとすると、充分な保持力が得られないため、どこかに強いところを作る必要があったから。何度も繰り返しフィールドテストを行なうなかでたどり着いたアイディアです。かかとにクランポンを付けるためのコバのあるシューズなら、ボーンをコバに引っ掛けて、さらに安定感を強めることもできるでしょう。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    これだけでかなりずり上がりが防げるため、一般的なゲイターにある、靴裏にかけるワイヤーやストラップは付けられていません。より安定感を強化したい場合には、手持ちのワイヤーなどを付けられるよう、両サイドにアイレットが用意されています。

    ファスナーを使ってワイドにもタイトにも

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    もうひとつの大きな特徴が、内側にワイドなマチが付けられたサイドのファスナー。これによって、ゲイターの太さを変えることができるのです。

    ショートゲイターの多くは、幅が決まっているためローカットシューズにしか使えませんが、これなら、ミッドカットや履き口にボリュームのあるデザインのシューズに合わせることも可能。パンツの丈やボリュームも選ばず使うことができます。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    そして、ファスナーはロック機能付きで、どこでも好きな位置で止めることが可能。引手を倒すとその場でロックされ、開けるときには生地を持って両側に開くように引っ張れば、引手を持たずに開くこともできます。

    ハーフオープンのファスナーなので、シューズを履いたまま着脱はできませんが、履き口を大きく広げられるので、ストレッチの強いスパッツタイプのショートゲイターのように、脱ぎ履きに一苦労するということはありません。

    軽量で通気性に優れるので、行動中に何度も付けはずしをする必要もないでしょう。素材や柔らかいので、不要なときは上部のリブを下げれば、温度調節も可能。

    ウェアとおなじソフトシェル素材なので、手軽に洗えていつも気持ちよく使えるのもいいところ。透湿性を損なわないよう、柔軟剤や漂白剤の使用は避けましょう。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    いろいろなタイプのシューズに使えますが、レースのないスリッポン型のシューズなど、フロントに引っ掛けるところがないシューズには使えません。ボリュームのないシューズや、レースの範囲が短いタイプのシューズ、サイズが小さい場合など、充分にフィットさせられない場合は、アイレットを使ってワイヤーなどをかけてご利用ください。

    最近は軽い荷物で出かける山歩きや、低山ハイキングなどでもローカットシューズを使う人が増えているようです。トレイルランニングやファストパッキングでは、以前からショートゲイターが多用されていましたが、さほど種類も多くなく、なかなか満足できるものが見つかりませんでした。YAMAPが思うベストな形を、ティートンブロスの商品をベースに、試行錯誤の末に形にしたのが、このアクティブゲイターです。

    泥や砂の侵入以外にも、くるぶしまわりの保護や、ヒルの侵入防止などにも効果的。今まで使ったことがなかった人も、ぜひ使って欲しいアイテムです。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    なお、アルトラのシューズなどによく見られるこういったトゥの部分が長いシューズにはうまくフィットしない場合があります。

    お持ちの靴によってお選びください。

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター

    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/オレンジ/UNISEX
    Teton Bros.(ティートンブロス)/YAMAP別注アクティブゲイター/ディープグリーン/UNISEX

    ブランド

    Teton Bros.(ティートンブロス)

    名称

    YAMAP別注アクティブゲイター

    素材

    Dry Action Softshell

    カラー