【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

澄み切った空気、どこまでも高く青い空。冬の入り口から本格的な冬へと移り変わる12月の山は、景色を堪能するのに絶好の季節。いつもより鮮明に見える遠くの山を眺めるのは、冬の登山の醍醐味です。

日照時間がぐっと短くなるこの時期は、無理のない行程で歩ける、3~5時間程度のライトハイクがおすすめ。積雪のない身近な低山なら冬の里山の雰囲気を楽しめるし、12月なら2,000m級の山でも、少ない装備でチャレンジできるところがあります。

ただし、どんな場所でも冬の山では、しっかりとした防寒対策がマスト。気温がさほど下がらない場所では、行動中に暑くなりすぎないことも意識して、レイヤリングやアイテム選びを工夫しましょう。

Scene① |いつもの感覚で冬山気分を満喫。雪なしウインターコーデ

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

まだ雪が降っていない冬の里山。すっかりと葉を落とした広葉樹の間から太陽の光が差し込み、明るい登山道一面に敷き詰められた落ち葉の上を歩くのは、この時期ならではの楽しみです。

天気のいい日は、日なたはポカポカと暖かですが、里山といえども、朝夕や日かげではかなり気温が下がります。しっかりとした防寒対策をが必要です。

意外と忘れがちなのが、足元の装備。雪がなければさほど心配ないようにも思えますが、最低気温が氷点下を下回るようになると、夜の間に濡れた地面が凍結したり、霜が降りたりすることがあります。とくに早い時間は路面が不安定なところも多いので、しっかりとグリップ力のあるシューズで出かけましょう。


●気温やシーンで防寒を調整できるヘッドウェア

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

どんなに厚着をしていても、頭や耳が寒いと体も温まりません。定番のニット帽スタイルも素敵ですが、最近は頭部の蒸れを効率的に防ぐキャップスタイルが人気です。ポリエステルやナイロン素材のキャップで風を防ぎつつ、冷えやすい耳周りなどはフリースやニット素材でしっかり保温することで、行動中にかく汗も効果的に発散し、オーバーヒートを防ぎます。耳当てになるフラップは上げ下げで調整ができるので、11月~3月ごろまでの長いシーズンで大活躍。キャップのツバは、冬特有の光のまぶしさを遮るのにも効果的。洗練されたデザインで、街のコーディネートにもおすすめです。


おすすめアイテムはこちら

●ストレッチ性のある軽量撥水ジャケットで行動中も快適に

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

気温がさほど低くない晴れた日なら、低山ハイクのアウターには、ソフトシェルジャケットが便利。伸縮性があって動きやすく、しっかりと風を防ぎながらもムレにくく、耐久撥水加工で多少の雨や雪にも対応。気温や行動量に合わせてレイヤリングを変えれば、どんな季節やシーンにも取り入れられます。シンプルなデザインは、日常にも使いやすそう。アウターとしても、上にハードシェルを重ねてミッドレイヤーとしても活躍の1枚です。


おすすめアイテムはこちら

●小物は色味を合わせておしゃれ度をアップ

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

身につけるものの数が増える冬場は、さまざまな組み合わせでおしゃれを楽しめる反面、色数が多くなりすぎると雑多な印象になりがち。そんなときには、小物類を同じトーンで合わせるテクニックが有効です。ウェアのメインカラーを決めたら、それと相性のいいカラーで小物類をまとめれば、まとまりのあるワンランク上の着こなしが完成。今回は、ナチュラルなのに清潔感があり、華やさも感じられるマスタードカラーでまとめてみました。


おすすめアイテムはこちら

コーデで使用したアイテム

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

Scene② |手持ち+αの装備でチャレンジ。雪山入門コーデ

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

山を始めてしばらくたつと、だれもがたどり着く「雪山登山にも挑戦してみたい!」という気持ち。見慣れた景色が雪に覆われたところを想像して心躍らせながらも、体力や技術が求められ、必要な道具も多い雪山は、ハードルが高いのも確かです。

そこで、おすすめなのは、いきなり装備を揃えるのではなく、まずは、必要最低限の装備で行ける、初心者にも歩きやすい入門コースの雪山を体験すること。そうすれば、今後何を手に入れたいのかを、実体験で感じることもできるでしょう。

天候が安定していて、人が多いところからがおすすめです。ただし、あくまでも非日常の空間である雪山は、入門コースでもリスクは伴うことを忘れずに。


●雪山までをカバーするあったかトレッキングパンツが便利

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

雪山用のパンツはどうしても、素材が厚く、硬くなりがちで、動きにくさは否めません。入門コースで雪山を体験するなら、雪山以外にも幅広くで使える、あったか仕様のトレッキングパンツがおすすめ。ソフトシェル素材で撥水性があり、雪まみれになっても問題なし。裏は暖かな起毛フリースで、1枚でも温かく、タイツと合わせてればさらに保温力アップ。抜群のストレッチ性で着心地も抜群。別にゲイターを用意すれば、シューズ内への雪の侵入も防げます。


おすすめアイテムはこちら

●思い切り雪を楽しむなら、シンプルで丈夫なバックパックが◎

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

雪山で使うバックパックは、表面にポケットやパーツの少ない、できるだけシンプルものが吉。荷物を置いた時などに雪がメッシュやポケットの中に入りこむと、溶けた時に荷物を濡らしてしまいます。外付けポケットに入れたものを雪の中で落としたら、探すのはかなり大変です。防水性と耐久性に優れる軽量素材を使ったコンパクトモデルは、サイドファスナーからも荷物の出し入れが可能。機能を絞り込むことで、軽さも確保しました。


おすすめアイテムはこちら

●雪山の指先を守る重要アイテム。グローブは二重使いで快適に

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

雪の冷たさで指先が凍えないようにと、つい分厚いグローブを選びがちですが、12月の初級者コースなら、薄手のインナーグローブの上に、防水性のある中厚手のアウターグローブを重ねるのが正解。リフトやゴンドラでの移動中に外しても、かさばらずに持ち運べるし、雪のなかで細かい作業をするときにアウターだけを外せば、素手で雪に触れるリスクも減らせます。重ねて使うなら、アウターグローブは少し大きめのサイズを選びましょう。


おすすめアイテムはこちら

●雪山入門はゲイターと軽アイゼンのミニマム装備で

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

天気や場所をしっかりと選べば、冬用の登山靴がなくても雪山歩きが体験できます。普段の登山靴に、防水ゲイターをプラスして、4~6本爪程度の軽アイゼンで足元を固めましょう。シューズの形状が軽アイゼンに合わない場合、傾斜が少なく締まった浅い雪なら、チェーンスパイクと呼ばれる、ラバーで靴にフィットさせるものが使える場合もあります。ただし、あくまで簡易的なものなので、状況に合わなければ安全性を確保できません。必ず事前に情報を確認し、リスクを理解して使用しましょう。


おすすめアイテムはこちら

コーデで使用したアイテム

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

冬の登山をおしゃれに、安全に楽しむためのウェア選び

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

雪あり、雪なしの2つの冬山シーンが楽しめるこれからの季節。ご紹介した今回のコーディネートはいかがだったでしょうか?夏に比べて用意するものが増え、なかなか足が向かないという人もいるでしょうが、冬山にはそこにしかない、特別な景色が広がっています。

今持っているものと必要なものを見比べて、まずはミニマムな装備で、それに合った雪山を体験してみてください。ただし、美しい冬の山は、突然表情を変えることもあります。初心者だけで行動せず、経験者と行動を共にする、アドバイスをもらうなどが安心。YAMAPの活動日記で、山のリアルタイムな状況をチェックするのも役に立ちそうです。

しっかりとした下調べと、必要な物の準備、冬山のリスクを理解する努力があれば、山の世界をもっと広げることができます。12月も安全に、楽しく、それぞれの登山を楽しみましょう。

無雪ハイキング|アイテム一覧

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

有雪ハイキング|アイテム一覧

【雪あり・雪なし】標高別で着分ける、冬のライトハイクコーデ

紹介したブランド

  • finetrack

    finetrack

    「本当のアウトドアウエアとギアを創れるのは、本気で遊べる者だけ。」 f...

  • halo commodity

    halo commodity

    機能性とファッション性をバランス良く調和させ、時と場所を選ばず、そのシ...

  • macpac

    macpac

    1973年、ニュージーランドで生まれたマックパックは、「Simplic...

  • MOUNTAIN HARDWEAR

    MOUNTAIN HARDWEAR

    1993年にアメリカ・カリフォルニア州で設立されたマウンテンハードウェ...

  • HANDSON GRIP

    HANDSON GRIP

    made with pride ハンズオングリップが生まれたのは、四...

  • MINIMALIGHT

    MINIMALIGHT

    関西・京都発のUL(ウルトラライト)系ガレージブランド。「最低限の要素...

  • patagonia

    patagonia

    パタゴニアは、1957年にイヴォン・シュイナードが、ロッククライミング...

  • The 3rd Eye Chakra Field Bag Works

    The 3rd Eye Chakra Field ...

    ヒマラヤの麓から「最良の背負う」を創るバックパックブランド、それがT3...

  • THE NORTH FACE

    THE NORTH FACE

    1966年、米国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業。高品質のグー...

  • YAMAP

    YAMAP

    登山の道具としてだけでなく、もの作りの現場から、購入していただいてから...

  • Gramicci

    Gramicci

    1970年代、アメリカで “ストーンマスター” と呼ばれ、ヨセミテロッ...

  • and wander

    and wander

    雨にふられるのも 風にふかれるのも 歩くのも 山は楽しい 2011春...

  • OUTDOOR RESEARCH

    OUTDOOR RESEARCH

    OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)は、ヒューマンパ...

  • NORTEC

    NORTEC

    イタリアのマイクロクランポン専門ブランド「NORTEC」 最軽量モデル...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード