いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

夏山登山や各種アクティビティの本格シーズン到来を前に、早くも胸が高鳴る今日このごろ。一方で、蒸し暑い中で汗を大量にかいて、ウェアが濡れるという「あの」不快感をつい思い出してしまった、というアウトドア好きの方も多いかもしれませんね。


そんな悩みを解消してくれるのが、レイヤリングに革命を起こしたfinetrack(ファイントラック)の「ドライレイヤー」シリーズです。このウェアはいわば「撥水する肌着」。汗をかくようなシーンでも、素肌はさらさら、「いつだってドライ」なのです。今回は、一度使うと手放せないという人が続出する、ドライレイヤーの幅広い活躍のシーンをご紹介します。

「いつだってドライ」。その快適さの理由は、汗を外に出して戻さない“撥水”効果にあった

登山中、汗でジトッとなったTシャツやトレッキングパンツ。ペタッと肌に張り付いて気持ち悪いだけでなく、稜線で風に吹かれれば、汗がヒンヤリと冷たくなり、その結果、体温が奪われて低体温症につながるリスクもあるのです。


これを解消してくれるのがドライレイヤーです。Tシャツやトレッキングパンツなどの下に着る、街着で言えば下着や肌着のようなもの。肌に直接触れるように着るウェアです。

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

下着や肌着というと、汗などの水分を吸い取ってくれるもの……というイメージがありますが、ドライレイヤーはその逆。アウターなどによく使われる撥水加工が施されていて、汗などの水分を生地が保持せず「撥水」するんです。つまり、汗を素早く肌から分離させ、次のレイヤーに水分を受け渡すことで、肌をドライに保ち、濡れからくる不快感や冷えを軽減させるというわけです。

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

ドライレイヤーの上に水を垂らすと……しっかり撥水していることが一目瞭然!

ドライレイヤーを1枚プラスするという、レイヤリングに革命を起こしたメーカーがファイントラック。「ドライレイヤー」シリーズは、その高い品質と確かな技術で多くの方から支持されています。


そんな、高機能素材で作られたドライレイヤーを、登山だけでなく、夏の外遊び全般にも使ってみてはいかがでしょうか。どんなシーンでも「いつだってドライ」でいられるはずです!

登山シーンこそドライレイヤーの主戦場

【本格登山だってドライ】汗冷えしないから体力を温存

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

【服の中に着ているドライレイヤーをClose up!】 登山中も、中に着ているドライレイヤーと肌はさらさら

本格的な夏山登山シーズンこそ、ドライレイヤーは本領を発揮します。歩いている間は暑いのに、休憩時にバックパックを下ろしたとたん、汗で濡れた背中やウエストが冷えて急に寒くなる……。ウェアの濡れは低体温症のリスクを高めることもある危険な代物です。

山では、化繊やウールの「吸汗速乾素材」の衣類を身につけるという人も多いかと思いますが、いったん汗を吸った衣類は乾くまでにある程度の時間がかかり、衣類を常にドライな状態に保つことは、実はなかなか難しいのです。ベースレイヤーの下にドライレイヤーを1枚プラスすることで、肌に直接あたる部分はいつでもドライをキープ。汗冷えを避け、体力の消耗を防ぎます。

【山小屋だってドライ】1日中着ても臭わないから、着替えナシで山小屋泊OK

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

【服の中に着ているドライレイヤーをClose up!】 汗もニオイも寄せつけないから、ベースレイヤーだけ着替えるのでもOK

縦走や連泊の山行で気になるのは、汗によるウェアの生乾きやニオイ。なるべく着替えたいけれど荷物は増やしたくないという葛藤はよくあることです。そんなとき、ドライレイヤーを1枚重ね着すれば、さらさら感をキープ。さらに、抗菌防臭加工でニオイも防いでくれるから、着替えの回数や持ち運ぶウェアの量を減らすことが可能に。

相部屋の山小屋泊など、女性にとっては気軽に着替えにくい場所でも、一番下に着用している肌着が着たままでいいのなら、着替えもラクラク。汗ふきシートなどでササッと体を拭けば完了です。

ライフシーンもドライレイヤーで快適に

【キャンプだってドライ】ベタつきゼロで、家に帰るまでずっと快適

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

【服の中に着ているドライレイヤーをClose up!】 キャンプチェアでほっと一息。こんなときでも肌はベタつかずドライで快適

肌をいつだってさらさらにキープしてくれるドライレイヤーは、登山やハイキングだけでなく、蒸し暑い夏のキャンプなどの外遊びでもお役立ち。

テントの設営や火起こし、調理、団らん……。炎天下と日陰の行き来、体を動かしたり休んだり、と目まぐるしく変化するアクティビティにも、ドライレイヤー1枚をプラスすることでウェア内の環境を整えられます。だから、キャンプで遊び尽くした帰りの車中でも、ベタつきゼロで快適です。

【ライトアクティビティだってドライ】はしゃいでドッと汗が出ても、肌はいつもさらさら

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

【服の中に着ているドライレイヤーをClose up!】 中に着ているドライレイヤーのおかげで、汗を気にせず思いきり動きまわれる

外遊びに夢中になって、汗を一気にかいて下着も服もべたべたに……なんて経験はありませんか? 湿度が高い夏は、服が乾くのにもけっこう時間がかかってしまうもの。そんなとき、ドライレイヤーを1枚着ておけば、素肌はいつでもさらさらドライをキープできます。

ドライレイヤーがはじいた水分は、生地にある無数の小さな穴を通ってドライレイヤーの表面へ。その後、Tシャツやパンツなど、吸汗速乾性にすぐれたウェアへと引き継がれ、蒸散していきます。つまり、ドライレイヤーが汗をベースレイヤーへスムーズに受け渡してくれているというわけです。

上手にドライレイヤーを使いこなす秘訣は?

ドライレイヤーが効果を最大限に発揮するためには、何点か気をつけたい点があります。

まずは、汗を撥水するという性質を活かすために、体にしっかりフィットするジャストサイズを選ぶのが正解。トップスは胸囲を、ボトムスはウエストとヒップを基準にサイズ選びをしましょう。

また、ドライレイヤーの上に着るウェアは吸汗速乾性に優れたものにすることが大切です。例えば、登山用に開発されたポリエステルなどの化繊素材やメリノウールなどを合わせるようにしましょう。

上手に使いこなして、ドライレイヤー上級者を目指してみてはいかがでしょうか。

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

ファイントラックの豊富なバリエーションなら、ぴったりの1枚が見つかる

最初の1枚なら、守備範囲の広いドライレイヤーベーシックがおすすめ

ウェアのレイヤリングに「ドライレイヤー」という概念を定着させたファイントラック。YAMAP STOREでもドライレイヤーシリーズを数多く取り揃えています。

今回は、ポリエステル100%でできた、定番の「ベーシック」をご紹介。肌が透けて見えるくらいの程よい厚みで、これからの時期のライトアクティビティから夏の本格登山まで、幅広く使えるマルチタイプです。

finetrack(ファイントラック)/ドライレイヤーベーシックシリーズ(MENS)

finetrack(ファイントラック)/ドライレイヤーベーシックシリーズ(WOMENS)

靴下・タイツが新登場。「いつだってドライ」が足元にも

今回、YAMAP STORE新登場となるのが「スキンメッシュソックス5本指ドライレイヤー」と「ドライレイヤータイツ」です。

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

「靴下まで重ねるの!?」と驚くかもしれませんが、靴の中は蒸れやすい上に一度濡れると乾きにくい悪環境。そんな環境下こそドライレイヤーの出番なのです。夏山で足に汗をかきやすいシーズンはもちろん、雪山登山でも足先が冷たくなりにくい、トレランで足の皮がふやけにくいなど、過酷なアクティビティで本領を発揮するという声も多数。山岳ガイドで愛用する方も多いとか。

メリノスピンソックス アルパイン5本指レギュラー」とレイヤリングすることで、双方の機能を最大限に高めることができ、汗濡れによる冷え、靴ずれ、においなどのトラブルを軽減できます。

一方のタイツも、トレッキングパンツの下に重ねて使用。適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばない汎用性の高さが特長です。伸びの良い柔らかなメッシュ生地が、身体の動きに追従し、ストレスフリーな着心地を実現しました。

いつだってドライ。蒸し暑くなるこれからの時期も、肌がさらさらで快適なそのわけは!?

finetrack(ファイントラック)/スキンメッシュソックス、ドライレイヤーベーシックタイツ

「いつだってドライ」を足先から上半身まで極めることで、これからの梅雨シーズンや夏のアクティビティ本番の時期、「快適さが圧倒的に変わった!」と実感できることでしょう。

ファイントラックの全商品を見る

最近見た商品

    最近見た商品がみつかりませんでした