これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」

登山を楽しむということは、紫外線の影響を受け続けるということでもあります。そのため、着用する服にUVカット機能を求めたり、肌に日焼け止めを必ず塗るという方は多いはず。しかし日本では、欧米に比べアウトドアシーンでのサングラスの着用率が極端に低いと言われています。

眼は「剥き出しの臓器」と呼ばれるほど、繊細な体の部位。白内障などの病気のリスクを減らすためにも、適切な紫外線対策が必須なのです。

しかし、自分の顔に合ったサングラスが無い、スポーティーすぎるデザインは苦手、挟まれているような感覚が苦痛、汗をかくとズレてくる…など、サングラスをかけるのが億劫に感じてしまうような、さまざまな悩みがあることも事実です。

そんな悩みでこれまでサングラスを諦めてきた人におすすめしたいのが、日本生まれのサングラスブランド「FLOAT(フロート)」。これまでの苦手意識が払拭され、きっと、なくてはならない存在になってくれるはずです。

日本人がサングラスをかけない理由とは?

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」着用モデル Vega(ベガ)

欧米圏と比較した時に日本人がサングラスをかけない理由とは、一体何なのでしょうか?その答えは、実は「瞳の色」なのです

日本人の瞳の色は黒や茶色が多く、色が濃いため光を通しにくく、瞳孔も小さいのが特徴です。瞳孔が小さいことで、網膜にあまり光を通さないため、眩しい光に強いのです。

一方で 瞳の色が薄い欧米人は、瞳孔も大きく、光を多く吸収してしまいます。そのため「強い光をやわらげるため」という実用的な理由でサングラスを着用しますが、日本人は眩しい光に耐性があることで、その必要性を体感しにくいという背景があるのです。

FLOAT(フロート)をおすすめする三つの理由


しかし紫外線は、年齢を重ねた際の緑内障、白内障などの眼の病気の原因に繋がります。アウトドアにおいては、人種に限らず「サングラス」は必需品です。

そこでフロートは、日本のサングラス着用率の低さにフォーカスを当て、「掛けない理由」を一つひとつクリアしていくことで日本人に愛されるサングラスを目指しました。掛け心地だけでなく、機能、デザインにおいても「究極」と呼べるフロートのサングラスをおすすめする三つの理由をご紹介します。

|1|顔の上下・左右の動きに追従する立体構造

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」「テンプル」=英語で「こめかみ」という意味。眼鏡の耳にかける部分のことを指す

特殊樹脂を使った完全オリジナルのテンプルは、柔軟性、復元性が高く、軽くしなやかな掛け心地を実現します。「FLOAT(=浮く)」というブランド名にも表現されている、まるで掛けていることを忘れるような無重力の掛け心地がフロートのサングラスの大きな特長です。

目指す山頂を見上げたり、不安定な登山道で下を向いて歩いたり、登山中は想像以上に頭を上下左右に動かします。しかし、内側に向けてアーチを描くテンプルが頭部を優しくホールドすることで、耳への負担を減らし、同時にズレや違和感を軽減。『疲れにくく、ズレにくい』。まさにアウトドアにぴったりな仕様になっています。
 

|2|日本人顔の私にも

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」

同じ人間であっても、日本人と欧米人では、顔の骨格に違いがあります。海外ブランドの多くは日本人の顔や形状に合うように設計されていないため、デザインでも、掛け心地でも、自分に合うサングラスを見つけるのは難しいのが実情なのです。

しかし、フロートでは日本人の顔の骨格に合わせた設計を行い、『どんな人でも最適なデザインに出会えるように』と、全部で5種類のデザインを取り揃えています。

|3|かけていない時も優秀

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」着用モデル Charon(シャロン)

日陰、日向が頻繁に切り替わるようなシーンが多い日本の山では、使用機会が限られるサングラス。かけていない間の管理の方法に困った経験のある方は少なくないはず。ケースにいちいちしまうのは面倒だからと、頭にのせたり、直接サコッシュにしまっていた…という方も多いのではないでしょうか。しかし、頭にのせると大事なレンズに汗や油分が付着してしまったり、ケースを使わずに収納するとレンズの傷やフレームの故障、そして紛失の原因になりかねません。

ここで活躍するのが、「ネックホールド」機能。テンプルがアーチ形状なため、使用しない時は首に引っ掛けて置くことができるのです。樹林帯などのサングラスが不要なシーン、休憩中などにうってつけの機能です。

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」テンプルパーツの真ん中にはマグネットが内蔵されており、蝶番一体型のフロートのテンプルを折り畳むことができる

また、本体に付属する吸盤付きのマグネットで、サングラスを鏡や窓にくっつけることができる「ベースマグネット」機能を搭載。行動中以外の保管や管理についても細かな配慮が施されています。

「光のろ過装置」と呼ばれる偏光レンズを採用

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」


フロートのサングラスのレンズはすべて、偏光レンズを採用しています。偏光レンズとは、木々の葉や登山道、水や建物などのあらゆるものに反射した太陽の光(乱反射光)を遮断し、綺麗な自然光だけを眼に届けてくれるという機能を持ったレンズのこと。夏の空が冬の空に比べて霞んで見える現象も、大気中の水蒸気に太陽光が乱反射することが原因です。

良質な偏光レンズは裸眼よりも視界をクリアにすることができ、美しい自然をより身近に感じる事ができます。

これまでサングラスを諦めてきた人へ

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」

初めてしっくりくるサングラスに出会ったとき、きっと山の楽しみも広がるはず。日々の使用から、登山、ハイキング、様々なシーンで積極的に使用して欲しいフロートのサングラスは5種類のデザインがあります。豊富なデザインを取り揃える理由は、「デザインを理由にFLOATのサングラスが掛けられない人を減らすため」なのだそう。

ぜひ、全5型からお気に入りの一本を見つけてください。


■ベガ/UNISEX

曲線的なフォルムが特徴の「ベガ」。レンズの面積が他デザインと比較して大きく、紫外線を取り込みにくくなっており、小顔効果も望めます。

■スター/UNISEX

全5型のなかで唯一、ブランド創業時から存在するロングセラーモデル。左右のレンズを繋ぐ「ブリッジ」の位置が高く、鼻を高くみせる効果があります。

■シャロン/UNISEX

楕円形のレンズが特徴の「シャロン」は、男女を問わず一番人気のモデル。樹林帯や曇天時などの暗い場所でも景色が見えやすいライトレンズと呼ばれる偏光レンズを採用しています。

■アストラ/UNISEX

男性に人気のスクエア型のフレームデザインを採用した「アストラ」。スポーティで力強い印象を与えてくれます。雪面や水面など、強い反射光を受ける状態が持続するようなシーンでおすすめのダークレンズを採用しています。

■リゲル/UNISEX

二番人気の「リゲル」はウェリントン型と呼ばれる逆台形型フレームデザインを採用したサングラス。世代・性別問わず誰でもかけやすいデザインとして人気のあるメガネの定番デザインです。

晴天時を中心にマルチに使えるスタンダードレンズを採用した「グリーン×ブラック」と、「アストラ」と同じダークレンズを採用した「ブラウン×ブラック」の二種類をご用意しています。

めがねの町鯖江で企画・デザインされた「日本のサングラス」

これまでサングラスを諦めてきた人へ 。日本生まれのサングラス「FLOAT(フロート)」

福井県鯖江市は、日本のメガネ生産シェア一位の産地。そこから生まれたフロートのサングラスは、日本人に合い、日本の山で使いやすいサングラスに仕上がっています。

オールシーズンの登山、アウトドアアクティビティで必須の『サングラス』。違いや魅力がわからないと感じていた方はぜひ、フロートのサングラスをお試ししてみてください。同じ山を歩くときでも、これまでとは違う景色を味わえるとお約束します。

紹介したブランド

  • FLOAT

    FLOAT

    「究極の掛け心地を追求した構造 FLOAT URBAN GALAXY」...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード