【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」イチ押しアイテム

寒さ厳しくなるこの時期、「新しい防寒着を使ってみたい」と思う人も多いはず。とはいっても、ダウンやシェルなどの重衣料を買い足すのはなかなかハードルが高いですよね。

それなら、帽子はどうでしょうか?冬用のアイテムのなかでも優先度が低くなりがちなヘッドウェアですが、案外、買い替えてみることで山歩きがぐんと快適になることも。

今回、紹介するのはYAMAP STOREでも人気の高い「halo commodity(ハロ コモディティー)」のイチオシアイテム。デザイン性の高さに加えて、登山に使いやすい実用的な機能を搭載した、今もっとも注目のヘッドウェアブランドです。

「帽子なんてどれも一緒」と侮ることなかれ。ただ暖かいだけじゃない。アイディア満載の商品、必見ですよ。

頭部の保温は冬山の基本!

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

熱中症対策、頭部の保護など山でのヘッドウェアの役割は多岐にわたります。冬になると“防寒”という重要な役割もプラスされます。

特に耳周りは皮膚が薄く、凍傷になりやすい箇所なので、しっかりカバーできるものを選びたいですよね。防寒、という意味では頭の蒸れにも要注意。頭部の発汗が休憩中などに冷えてしまうと、一気に体感温度も下がってしまいます。

というわけで、今回は耳までしっかり覆えて、通気性にも優れたアイテムを中心にピックアップしてみました。

シーンに合わせて可変できる「イヤーフラップ」タイプ

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

イヤーフラップとは、いわゆる帽子についた耳当てのこと。古くは戦闘機パイロットのために開発されたディティールです。これらのアイテムの最大の魅力は、イヤーフラップを状況に応じて使い分けられる点にあります。

下ろせばしっかりと耳周りを保温でき、暖かい日には耳当てを上げてキャップ的に使うなど、汎用性の高さが魅力です。気温や風など、自然環境に左右される登山にピッタリな機能ですよね。

おすすめ|1|YAMAP別注 ヘアーズファーキャップ

イヤーフラップタイプの中でも、特に汎用性の高さにこだわっているのが、YAMAP別注「ヘアーズファーキャップ」です。

頭のオーバーヒートを防ぎ、それでいて保温性もある帽子があるといいな、という想いから誕生したこちらのアイテム。100%ナイロンの本体に、ファー素材の耳あてを組み合わせることで、頭部の蒸れを効果的に防ぐと同時に、ふわっふわのイヤーフラップによって、耳周りはしっかり保温します。

あご下でバックルを締めることで強風時でも飛ばされる心配はなく、逆に暑くて邪魔だなと感じたらバックルを頭部で止めておくこともできます。

さらに、耳当ては使いたいけれどアゴ紐は不要というときには、ストラップを収納できるポケットにイン。至れり尽くせりの親切設計です。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

気温が高くなり、もう耳あての出番はないかな、という季節がきたら、イヤーフラップを取り外して使えるのが最も嬉しいポイント。

取り外してしまえばナイロンキャップになるので、冬だけでなく通年使い続けられることも魅力的です。

おすすめ|2|YAMAP別注 マカルーフラップキャップ

「YAMAP別注 マカルーフラップキャップ」は、インパクトあるフワフワの見た目で山のコーディネートにアクセントをくわえるのにピッタリな帽子です。

機能面での最大の特徴は「耳当て付きである」ということと、「耳当てで覆われていたパネル部分がメッシュになっている」こと。イヤーフラップを下げた状態にすると、耳周りの保温と頭部の通気性を両立することができるギミックです。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

冬山あるあるなのですが、頭頂部は汗ばむほどの陽気でも、耳周りはキンキンに冷えることも。このキャップは、「耳は暖かく」と「頭は涼しく」を両立することで、アクティブシーンの痒い所に手が届くアイテムです。

蒸れずに耳を保温する「ヘアバンド」

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

厳冬期の高山であれば、迷いなくニット帽子をチョイスするところですが、迷うのが冬の低山。天気によってはニット帽子では暑すぎるということもしばしば。

頻繁に脱着するのも面倒ですし、そういう時はヘアバンドを試してみてはいかがでしょうか。頭頂部はフルオープンなので、蒸れ知らずですし、その反面耳周りはしっかりと保温してくれます。

おすすめ|3|「オッターバンド」

機能性を重視して選ぶと、いかにもアウトドアな見た目になってしまう......。その悩みに寄り添い、ファッション性と機能性を兼ね備えたのが「オッターバンド」です。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

一見、毛糸を編んだようなクラシカルなヘアバンドですが、素材は最新。東レが開発したダイナホットという機能素材を採用していて、遠赤外線放射による温熱効果が期待できるんです。

額から耳周りまでをしっかりカバーしつつ、頭部の蒸れは逃がす。防寒・通気性・汗止めの三拍子揃った便利アイテムです。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

登山だけでなく冬場のトレイルランなどでも活躍してくれるので、今までニット帽子しか使ったことが無い人こそ試してもらいたい商品です。

おすすめ|4|「マウントバンド」

2本のバンドがクロスした「マウントバンド」は、そのままファッションアイテムとして取り入れられるスタイリッシュさです。

アジャスターなどのないループスタイルなので、フィット感に優れ、扱いも簡単。スポーティーすぎる印象になりがちなヘアバンドのシルエットを、クロス部分の立体感が良い感じに中和してくれます。

素材には“山で最強”の呼び声も高いメリノウールを採用。高い保温性と吸湿性を誇っていて、さらに臭くなりにくい! ウールというとメンテナンスが大変なイメージがありますが、これは自宅で手洗いできるので、メンテも容易。

軽量コンパクトなので、より保温性の高い帽子とあわせて2つ持って行き、シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

注目したい今季の「新入荷」アイテム

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

ここからは今季YAMAP STOREに新入荷した「ハロ コモディティー」のアイテムを紹介します。どちらもハロコモらしいギミックとお洒落さを合わせ持っていますよ。

おすすめ|5|「フラッターエッグキャップ」

山での休憩時や宿泊時、体を動かさないときは頭から耳まですっぽり覆える暖かな帽子が一つあると、安心感が違いますよね。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

「フラッターエッグキャップ」は、可変するニット帽子。ツバを下すとセーラーハット風に早変わりし、フリース素地が冷たい風から頭部を守ってくれます。

下山後は、逆にツバを折り返しタウンユース仕様に。好みや状況によって折ったり下したりと自由自在にアレンジできる優れものです。

カジュアルなデザインながらも生地は本格的。テントやザックにも使われているリップストップが採用されていてとても頑丈です。

さらに、サイズを調整するドローコードから撥水性のある素材まで、アウトドアシーンにしっかり対応する作りとなっています。

おすすめ|6|「フラッターハイハット」

冬と言えども太陽は健在。紫外線はいつでも降り注ぎます。この「フラッターハイハット」は防寒性能と遮光性を両立したアイテム。

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

深く被れることと、6cmのツバが全周に付いているので、日差しをしっかりとガードしてくれます。内側はフリース素材になっているので、山での防寒性もバッチリ。日差しが強いときの、のんびりハイキングの時にピッタリなハットです。

頭からおしゃれに暖かく、冬を楽しく!

【暖かいだけじゃない】この冬、重宝する「ハロ コモディティー」2023年イチ押しアイテム

ここまで、さまざまなタイプの帽子を紹介してきましたが、それぞれに強みがあるので、気候や山の難易度などに合わせて使い分けるのがオススメです。

もちろん機能面だけでなく、デザインも豊富なので、コーディネートに変化をもたせるためにも“被り物は複数持ち”が、冬山をより快適に、楽しくするコツかもしれませんよ!

紹介したブランド

  • halo commodity

    halo commodity

    機能性とファッション性をバランス良く調和させ、時と場所を選ばず、そのシ...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード