軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

ジメジメとした梅雨が明け、いよいよ本格的な登山シーズンの到来。数カ月先の週末までをイメージして、うきうきと準備や計画を始めている人も多いでしょう。

一方でシーズンの始めは、体力面で不安を感じることあるはず。体力の消耗が大きい暑い時期は、できるだけ荷物を軽くして、軽快に山を楽しみたいものです。

ただし、ただ荷物を減らしたり、軽いものを集めたりするだけでは、楽に、安全に歩くことはできません。「軽量化はしたいけれど何から始めればいいのかわからない」、「軽くて使い勝手のいいものをじっくりと選びたい!」という方のために、YAMAP STOREが集めた最新の軽量・コンパクトなアイテムを使った、シーン別のコーディネートをご紹介します。


Scene① |夏の低山を軽快に歩く、light & comfortable なハイキングコーデ

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

気温も湿度も高い低山では、しっかりとした暑さ対策が重要。ウェアも荷物もムダを省いて、ミニマムなスタイルで出かけましょう。

大量の汗をかくことを前提に、ウェア選びには吸汗速乾性はもちろんのこと、さらりと軽く、肌触りのいい素材選びや、風通しのよさも重要なポイント。水や行動食、エマージェンシーグッズなど、必要なものは減らさずに荷物を軽くするには、それぞれの重量を少しずつ減らす工夫が大切です。


軽量化アイテム【その1】|レインウェア

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

安定したお天気の1日なら、本格的なレインウェアの代わりに、軽量でコンパクトなものを選んでみてはいかがでしょうか?薄手のレインウェアなら、風の吹く稜線や気温の下がる山頂付近での防寒着としても使えます。一石二鳥な山道具こそ、真の軽量化アイテムなのです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/ベンチャージャケット

ナイロン素材の肌面に特殊コーティングを施した、2.5層の防水シェル。軽量コンパクトで持ち運びやすく、ソフトな着心地も魅力。ウインドシェルとしても使えて、アウトドアから旅行まで1枚あると便利なジャケットです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/クライムライトジャケット

長時間雨の中を歩く可能性があるなら、3レイヤーのゴアテックスを使用した、軽量レインウェアをチョイス。大きな動きを妨げないカッティングやヘルメット対応のフードなど、本格登山でも安心して使えます。

軽量化アイテム【その2】|ショーツ 

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

夏ならではのコーディネートといえば、軽快なショーツスタイル。単に生地で覆われる面積が少ないだけでなく、風通しがいいのも涼しさの秘訣。足さばきも軽快で、ムレや汗のべたつきもありません。タイツとの組み合わせで、着こなしの幅も広がります。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/バーサタイルショーツ

シワ感のあるナイロン100%の生地は撥水加工が施されているため多少の雨もへっちゃら。軽量で乾きやすく、さらりとした肌触りが特長です。

patagonia(パタゴニア)/バギーズショーツ

深めの股上で、座っても動いても、楽にきれいに履ける定番モデル。漁網をリサイクルしたポリエステルを使用して、海洋プラスチック汚染の削減にも貢献します。

Teton Bros.(ティートンブロス)/ランスカート

ちょっとおしゃれに着こなしたいなら、ランスカで決まり!同色のインナーパンツが付いたキュロットスタイルで、ショートパンツと同じ感覚で使えます。

軽量化アイテム【その3】|バックパック 

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

重い荷物を背負うには向かないけれど、軽い荷物で出かける気軽なハイキングなら、アタックパックやサブバッグ用に作られたの超軽量モデルで、大胆に軽量化してみるのもアリ。背負い心地や耐久性も意識したものを選ぶのがポイントです。

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)/インアンドアウト19

フロントメッシュポケットに全体が収納できるパッカブル仕様。超軽量ながら、背負いやすいショルダーやチェスト&ヒップストラップ、2つの外部ポケットも備えた本格仕様で、強度と軽さのバランスのよさが◎。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/メイフライパック15 & 22

40デニールのダブルリップストップナイロンを使った、軽量パッカブルバックパック。ミニマムな仕様ながら、基本的な機能をしっかりと備えた扱いやすいデザイン。荷物の量に合わせて、15ℓ、22ℓの2サイズから選べます。

Scene② | 要素は減らさず重さを減らす。軽量化の基本を押さえた本格登山コーデ

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

本格的な登山では、軽量化のためとはいえ、安全のために必要なギアやウェア、水や行動食などを省略するのはNG。アイテムを減らすのではなく、それぞれの無駄を省くことが、軽量化成功のポイントです。一度の山行中に何度も使える、多用途で汎用性の高いアイテムを選びましょう。


軽量化アイテム【その1】|ウインドシェル 

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

小まめな温度調節が必要な登山のシーンで活躍するのが、軽量コンパクトなウインドシェル。極薄なのに保温力に優れ、1枚で手軽に温度管理が可能。あえて1枚加えて持つ意味のある、マルチに使えるアイテムです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)/スワローテイルフーディ

フィッティング調節が可能なフードを備える軽量ウインドシェルは、汗をかいてもべたつかない、グリッド構造の肌面を持つ素材。ベンチレーションも兼ねるメッシュ裏地のハンドポケットも備え、温度調節もバッチリです。

patagonia(パタゴニア)/フーディニ・ジャケット

軽量ウインドシェルの代名詞とも呼べる1枚。薄手なのに耐久性が高く、あらゆる環境で使えるタフさが魅力。手のひらに乗るほどコンパクトに収納できて、カラビナで吊り下げるためのループも備えられています。

軽量化アイテム【その2】|防寒着 

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

軽量コンパクトで保温力の高いウェアとして、ダウンに代わって注目されているのが、濡れに強く扱いやすい化繊のインサレーション。ダウン並みの保温力とコンパクト性を備えるものが続々と登場しています。

patagonia(パタゴニア)/ナノ・パフ・ジャケット

保温性と防風性、耐水性を備えた化繊綿入りジャケットは、驚くほど軽量でコンパクトに収納が可能。ダウンと異なり水濡れに強く、ハードな環境下でも大活躍。

finetrack(ファイントラック)/ポリゴン2ULジャケット

独自開発のシート状保温材を使用した、適度な保温力と通気性をバランスよく備えるジャケット。大型ベンチレーションで汗処理能力にも優れ、行動中も快適に使えます。

軽量化アイテム【その3】|バックパック

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

背面パネルやフレームを省略した大容量のULモデルは、パック自体は軽くても荷物を支える剛性が不足して、逆に体への負担が大きくなることも。体力やパッキング技術によほどの自信がなければ、軽さだけにとらわれず、背負いやすさや荷重分散も意識した、バランスのいいモデルを選ぶのがポイントです。

macpac(マックパック)/へスパー40&50

ハーネスやバックパネル、フレームの素材などの工夫により、背負う機能を落とさずに軽さを追求した50ℓ大容量の軽量モデル。雨蓋やウエストベルトをとりはずしてさらに軽量化することも可能。雨蓋なしの40ℓサイズもあります。

The 3rd Eye Chakra Field Bag Works(ザ サードアイ チャクラ フィールドバッグワークス)/ザ バックパック #001

登山はもちろん、バックカントリーや旅行などにも使える、多才なバックパネルオープン(背面開口)タイプのザック。アクティブな動きを想定した快適な背負い心地が特徴で、小屋泊に使える40L+と、テント泊対応の60L+の2サイズから選べます。

【必携ギアを軽量&コンパクト化!パッキングを助けるギア3選】


1. FOR GO/OD(フォレストアンドゴーアウトドア)/YAMAP別注フィールドウォレット

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

行動中は使わない財布は、軽量化のターゲットナンバーワン。必要最低限のものが、機能的に収納できるスマートなコンパクト財布は、丈夫で水にも強く、街づかいにも似合うデザイン性の高さも魅力です。

2. finetrack(ファイントラック)/ナノハンカチ&ナノタオル

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

ハンカチ18g、タオル40gという軽さと、手のひらサイズのコンパクトさを兼ね備えた山用タオル。実はこれ、石鹸を使わず、水だけで汚れや皮脂や油をすっきり落とせる優れモノです。濡れてもすぐに乾き、吸水性も高い、汗ばむ季節には手放せない1枚。

3. COCOON(コクーン)/タイフーンブランケット

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

軽量コンパクトなレジャーシート。サイドポケットなどに手軽に収納できるので、テント場や休憩時の撤収もスムーズ。敷き物として使う以外にも、荷物の雨よけや緊急時の防寒などにも役立ちます。

【軽量化のコツは「ひとつで二役」。汎用性の高い便利なギア3選】

1. GRANITEGEAR(グラナイトギア)/ドリームサックピロー /アソート

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

宿泊山行では着替えを入れるスタッフサックを持って行くはず。それならば、それを枕にしてしまいましょう。1面に配された起毛素材を表にすれば、横向きで寝ても肌触りがソフト。企画者のアイデアが光る、一石二鳥のアイテムです。

2. KATADYN(カタダイン)/ビーフリー

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

想定外のトラブルや見当違いで、飲料水が足りなくなってしまった時に便利な「浄水器」。そんな山のお守り「浄水器」と水筒がセットになったソフトボトルがこちら。浄水機能付きのキャップを付けて、そのまま飲めるという手軽さが嬉しいですね。

3. SOL(エスオーエル)/エスケープライトヴィヴィ

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

軽量で保温性に優れる、エマージェンシーブランケットの素材でできた、封筒型の簡易シュラフ。シュラフカバーやグラウンドシート、バックパックの防水ライナーなど、ビバーク時以外の使い方にも注目すれば、登山のスタメンアイテムに早替わり。

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

荷物は軽いにこしたことはないけれど、軽いことがいつも、すべてに勝るわけではありません。
重量的な「軽さ」だけを求めるのではなく、「軽く感じること」、「重さを負担に感じないこと」を考えた道具選びが、快適な登山へのいちばんの近道です。何よりも、持っていてウキウキするような、お気に入りの道具やウェアを見つけることは、山の大切な楽しみのひとつ。今回ご提案したコーデやアイテムを参考に、ご自身の道具リストを見直してみてくださいね。

Light Hiking|アイテム一覧

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

ベージュ×グリーンを基調とした軽やかなライトハイクコーデ。

Alpine Trekking|アイテム一覧

軽く背負って負担を軽減。暑い季節に欠かせない、軽量化目線の登山コーデ

色味を変えたブルーがアクセントの本格登山コーデ。

紹介したブランド

  • THE NORTH FACE

    THE NORTH FACE

    1966年、米国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業。高品質のグー...

  • patagonia

    patagonia

    パタゴニアは、1957年にイヴォン・シュイナードが、ロッククライミング...

  • Teton Bros.

    Teton Bros.

    こだわり続けた一枚のジャケットから・・・ アウトドアの聖地、米国ワイ...

  • MYSTERY RANCH

    MYSTERY RANCH

    Mystery Ranch(ミステリーランチ)は『機能性』『背負い心地...

  • finetrack

    finetrack

    「本当のアウトドアウエアとギアを創れるのは、本気で遊べる者だけ。」 f...

  • macpac

    macpac

    1973年、ニュージーランドで生まれたマックパックは、「Simplic...

  • The 3rd Eye Chakra Field Bag Works

    The 3rd Eye Chakra Field ...

    ヒマラヤの麓から「最良の背負う」を創るバックパックブランド、それがT3...

  • COCOON

    COCOON

    COCOON製品は、生涯にわたる旅行体験を基に製造されています。COC...

  • GRANITE GEAR

    GRANITE GEAR

    グラナイトギアは1986年ミネソタ州でジェフ・ ナイト、ダン・ クルー...

  • KATADYN

    KATADYN

    1928年にスイスで創業した浄水器の専門ブランドです。カタダイン浄水器...

  • SOL

    SOL

    山で道に迷ったり、足をけがして動けなくなった時、地震等予期せぬ自然災害...

  • YAMAP

    YAMAP

    「つづく、つながる、ものがたる」を大切にしているYAMAP STORE...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード