「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

白い息を吐きながら、やっとの思いで登りきった山頂。
荒涼とした冬山の景色は、春夏の穏やかな表情とはまた違った顔を見せてくれます。
ゆっくり景色を楽しみたいところですが、ちょっと休憩しただけでも体が冷えるこの季節。寒さに凍えていると、せっかくの景色も楽しめなくなりますよね。
そんな時に温かいものを飲むと、身体だけでなくこころまで暖かくなります。
寒いからこそ出会える景色は最高ですが、寒いからこその「ほっとひと息」も最高です。
サーモスの「山専用ボトル」で、厳しい冬の登山にほっとできるひと時を加えてみてはいかがでしょうか。

「山専用」ならではの4つのポイント

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

山頂までずっと続く温かさ

バーナーでお湯が沸くのを待つ時間がつらい冬。保温ボトルで時間と手間を省いて温かい飲み物を手に入れましょう。
サーモスのステンレスボトルは、「78度以上を6時間」という保温性能があります。朝に入れたお湯が夕方になっても熱いまま。

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

グローブをつけたまま使用可能

分厚いグローブをしたままでもザックから取り出しやすく、ボトルを開け閉めしやすいのは、シリコン製のボディリングとノンスリップコップのおかげ。回しやすく注ぎやすいダブルスクリューせんも、かじかんだ手でも扱いやすいポイントです。

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

持ち運びやすい軽量設計

登山で気になるのは「重さ」と「タフさ」。保温もできるステンレスボトルとしては、かなりの軽量設計の360gです。(ボディリング、カバーを外せば330gに)山頂でアツアツのお湯が手に入る贅沢を、楽々と持ち運んでしまいましょう。

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

衝撃に強い底カバー付き

平坦な場所で休憩できるとは限らない登山中、シリコン製の底カバーで、滑りにくいだけでなく、落下時もしっかりガードしてくれます。

デザインも一新し、新サイズが登場。この冬、6年ぶりにリニューアル!

「ほっとひと息」を持ち歩く、新しくなった山専用ボトル

これまでの「500mlじゃ小さい、900mlじゃ少し大きい」の声に応えて、待望の新サイズ、750mlが登場しました。デザインも、マットな質感のアースカラーが仲間入り。
高い性能、使いやすさは変わらないまま、よりスタイリッシュで登山にベストなサイズとなったサーモスの「山専用ボトル」。
ますます登山やハイキングの必需品になりそうです。

紹介したブランド

  • THERMOS

    THERMOS

    魔法びんのパイオニアとして守り育ててきた断熱技術と、ユニークな生活快適...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした