「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

あっという間に2023年も半分を過ぎ、毎年恒例の「YAMAP STORE AWARD 上半期」発表の季節がやってきました。数ある商品のなかからもっとも注目されるアイテムを選ぶ、このアワードを楽しみにしてくださる方も多いようで、選考にあたるスタッフの気合も充分。製品のクオリティや、製品のオリジナリティやユニークさ、ユーザーのみなさんの反響、売り上げ数、実際に使用したスタッフの印象などを総合的に判断して、ウェア部門、ギア部門それぞれの受賞アイテムを選びました。
YAMAPオリジナルの商品がずらりと揃った今回の受賞作。YAMAPのこだわりがつまった、新たな名品たちにご注目ください。

ウェア部門

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【ゴールド】
YAMAP(ヤマップ)
トレイルソックス タビ

栄えあるゴールドに輝いたのは、山を歩くために作られたタビ型のソックス。地面を掴むような安定感のある歩行ができ、自然な動きと正しい姿勢を促して、足の筋肉強化や外反母趾の予防などの効果も期待できます。アーチをサポートするテーピング効果や、かかとのズレを防ぐ機能も搭載。吸水性と速乾性を考えた、綿とポリエステルの混紡糸がもたらすさらりと快適な履き心地。裏と表の両面に細いゴムを編み込むことで、足とソックス、ソックスとシューズの両方で「滑らない」、「ズレない」を実現しました。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

5本指よりも着脱しやすいので、足指ソックス入門にもおすすめ。「フィット感がよくて汗も気にならない」、「これを履いて、今までのソックスがシューズの中でズレていたことに気づいた」、「デザインやカラーもいい」など、ゴールドの受賞に値する大きな反響を集めました。奈良の老舗ソックスメーカー「西垣靴下」の共同開発で生まれたYAMAPの自信作です。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【シルバー】
MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア)
YAMAP別注 コアエアシェルシャツ

マウンテンハードウェアとYAMAPが作った、新スタイルのウィンドシェルがシルバーの座を射止めました。軽量コンパクトなウィンドシェルは、急な温度変化に備えて持っておきたい山のマストアイテムですが、行動中は脱いで休憩時などに着るという使い方が中心で、荷物の中で出番を待つ時間が長いのが普通。それは少しもったいないと考えられたのがこのアイテムです。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

一般的なウィンドシェルの25倍もの通気性をもつ素材を使用して、行動中の体温上昇による熱がこもるのを抑えることで、「登り始めから山頂までずっと着られる」を実現。クラシカルなシャツスタイルは、山から街まで広いシーンで使えるだけでなく、ネックガード内蔵の襟を立てて日焼けや寒さを防いだり、腕まくりやスナップボタンの開閉ですばやく温度調節したりと、便利で頼れる山の機能を満載。スタイリッシュに快適に山を楽しむための、新しいスタイルの提案が評価されました。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【ブロンズ】
YAMAP(ヤマップ)
プラックスウールロングスリーブT

ブロンズには、ウール、化繊、ハイブリッドに続く第4のベースレイヤー素材「PlaX」を使用した、シンプルなロングスリーブTが選ばれました。サトウキビに含まれる糖を原料とし、自然に還る植物由来のプラスチックとして注目される素材「PlaX」に、天然由来の「キュプラ」と「ウール」を組み合わせた生地は、吸水・吸湿性、速乾性、しなやかで肌にやさしい風合い、抗菌・防臭機能を備えたアウトドア仕様。なかでも防臭機能は、人の汗などのアンモニアに効果のあるウールと、生乾きのニオイの元であるモラクセラ菌に効果のあるPlaXのダブル効果で、長期登山でもニオイが気にならないとの声が多く寄せられています。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

機能だけでなく、すべて天然由来の素材を使用した、環境負荷の少ないものを使うことが、大切な自然と繋がるきっかけになりるというYAMAPのコンセプトに、多くのユーザーの共感が集まったことが受賞につながりました。

ギア・小物部門

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【ゴールド】
FLOAT(フロート)
YAMAP別注 スター/マイア

ギア部門のゴールドは、FLOATサングラスの別注モデルが獲得。ナチュラルで使いやすいデザインに、過酷な山の環境で使える機能を組み合わせた山サングラスの理想形が、YAMAP目線のアレンジでユーザーの心をさらに惹きつけました。最大の特徴は、乱反射光を遮断して自然光だけを眼に届ける、ギラつきを抑えた見え方。明暗が変わりやすい樹林帯、強烈な紫外線にさらされる稜線など、変化する環境でもつけ外しをくり返さずに、クリアな視界が得られます。今回の別注モデルでは、より裸眼に近い色が感じられるレンズカラーが、ありのままの山の景色を、心に刻むお手伝いをします。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

かけているのを忘れるほどの快適さ、一時的に首にかけておけるツルのデザイン、日本人の骨格に合ったフレームは、もはやお墨付き。山の紫外線から大切な目を守るために、もっと多くの人にサングラスを使ってほしいという、YAMAPの願いも込めました。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【シルバー】
CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)
YAMAP限定ウォームライト スモール

電池も充電も必要ない、ソーラーパワーのLEDランタン。もはや大定番の域に達したこのアイテムが、リニューアルでさらに使いやすくなってシルバーの座を獲得。YAMAPロゴ入りの限定モデルです。ビニール素材でできた本体は、折りたたんで持ち運べる軽量コンパクト仕様。
畳んでバックパックなどにぶら下げて歩けば、日の暮れるころには充電が完了。ベルトをもって引き伸ばすように形を整えれば、紙風船のように膨らんでサイコロ状になり、テントやキャンプサイトにやさしい暖色系の光を与えます。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

スモールは、少し小さめのコロンとかわいらしい印象。ボタンで光量や点灯モードが変えられて、残量表示もありの親切設計で、アウトドアや緊急時の非常灯としてはもちろん、キャンドルのように並べてインテリアのアクセントにするのもおすすめ。便利で使いやすく、地球にやさしくていざというときに頼りになる小さな働き者。納得のシルバー受賞です。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

【ブロンズ】
KINTO(キントー)
YAMAP限定トレイルタンブラー

最後にブロンズを飾るのは、オリジナルロゴ入りのタンブラー。スマートなシルエットとトップのハンドルがスタイリッシュな、580mlサイズのドリンクボトルです。最近は、使い捨てを減らすためにタンブラーを持ち歩く人や、タンブラーへのドリンク提供をするお店も増えました。アウトドアでも街でも、オフィスや家庭でも、「捨てない生活」の提案に、多くの方が賛同してくれています。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

アイスからホットまで幅広い温度に対応するだけでなく、炭酸入りのドリンクにも対応しているのがポイント。500mlのペットボトル1本分が余裕で入るので、氷やティーバッグ、カットフルーツなどを一緒に入れて、オリジナルドリンクを持ち運ぶのにもぴったり。どこでも手に入るぺットボトルは便利だけれど、捨てる前提で買うよりも、好きなものと一緒に出かけようという、物の価値や豊かさを広める役割も果たすアイテムです。

「YAMAP STORE AWARD 2023上半期」受賞アイテム発表

以上、2023年上半期の受賞アイテム6点をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 最近の世界的な流れを汲んで、アウトドア業界でも環境に対する配慮が重視されるようになっていますが、アワードを受賞したアイテムにも、天然素材や自然環境のキーワードが、多く見られました。
自然をフィールドにする者が、自然とつながり、大切にする。そんな流れが、YAMAP STOREの商品を通じて、多くの人に広がっていけばいいと思っています。
YAMAP STOREではこれからも、楽しいアウトドアの世界をより多くのみなさんと共有するために、幅広い目線でよいものを探し、作り、届けていきたいと思います。次回は2023年下半期のアワードでお会いしましょう。

「YAMAP STORE AWARD 2022上半期」受賞アイテム 一覧

紹介したブランド

  • YAMAP

    YAMAP

    「つづく、つながる、ものがたる」を大切にしているYAMAP STORE...

  • MOUNTAIN HARDWEAR

    MOUNTAIN HARDWEAR

    1993年にアメリカ・カリフォルニア州で設立されたマウンテンハードウェ...

  • FLOAT

    FLOAT

    「究極の掛け心地を追求した構造 FLOAT OUTDOOR」 アウト...

  • CARRY THE SUN

    CARRY THE SUN

    持ち運びカンタン、コンパクト、シーンを選ばず使えるソーラー充電式のLE...

  • KINTO

    KINTO

    1972年、滋賀県彦根市にて創業。食器の卸売業としてスタートし、後に自...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード