arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

読みもの

読みもの

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ 冬の低山ハイクは魅力がいっぱい。防寒着から行動着まで活躍する一着で冬の登山も楽しもう。

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

「冬の登山」と聞くと「雪山のギアを持っていないから」「技術がないから」と敬遠しているかもしれません。真っ白な峰々を見られたり、非日常感を体験できたりと、厳しい環境での登山は冬にしか味わえない魅力があります。でも、そんなハードな登山ばかりが冬の楽しみではありません。

そこでオススメしたいのが、比較的標高の低い山を登る「低山ハイキング」。関東では奥多摩や丹沢などの標高1000mくらいまでの樹林帯を歩くことが一般的でしょうか。積雪のある山では雪山用のギアや装備が必要になってきますが、雪がなければ基本的には秋山の登山に防寒をプラスすればOK。今回は、気になる防寒を助けてくれる〈ポリゴン2ULジャケット〉について、そして手軽な冬の低山ハイキングの魅力をお伝えしたいと思います。

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

〈ポリゴン2ULジャケット〉は、いわゆる化学繊維をインサレーション(中綿)として採用したジャケットなのですが、大きな特徴が「行動中に積極的に着用できる」ということ。その理由は、汗や雨などで濡れることで保温力が落ちるというダウンのデメリットと保温性は若干劣るものの重量がありかさばるフリースのデメリットを克服した新素材〈ファインポリゴン〉を使っているから。しっかり保温の効果を持たせつつも快適に着用できるインサレーションジャケットなのです。

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

でも、それがなぜ冬のハイキングにいいのか。基本的には〈ポリゴン2ULジャケット〉が活躍するのは気温が低いときの防寒が目的です。しかし、汗ばんでも保温性と快適性が損なわれないため、汗冷えもしにくくずっと着用していられるんです。このジャケットに使われている〈ファインポリゴン〉は、体を動かすことによる発熱がもたらす汗をしっかりと発散してくれるので、登り始めから終わりまでずっと着用できるというわけ。「登山口では寒いので防寒着を着ていたけれど、登っているうちに暑くなって脱ぐ」というのはよくあること。でも、〈ポリゴン2ULジャケット〉なら、「気付いたらずっと着たままだった」ということも少なくありません。そのくらい、防寒と快適性が両立されているんです。

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

山域や標高にもよりますが、低山ハイキングはそれほど気温が低くならないケースも多く、とくに標高500m以下の山であればベースレイヤーにインナーダウン的な防寒着として〈ポリゴン2ULジャケット〉を着用、風があったり寒い場合はレインジャケットやウインドシェルを羽織ったり、フリースやダウンジャケットをプラスすれば大丈夫。日差しがあり暖かくても〈ファインポリゴン〉の通気性が快適性をキープしてくれます。もし暑すぎる場合はベンチレーションで通気を確保できます。

冬はついつい山への足が遠のいてしまう季節。でも、知らなきゃもったいない冬ならではの楽しみがたくさんあります。この季節だからこその魅力もご紹介しましょう。

魅力その① 太陽が差し込む樹林帯を歩ける!

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

冬の低山は、天気がよくて無風であれば南側の斜面などは昼寝をしたくなるくらい暖かいときもあります。太陽の光を浴びながら歩くのは気持ちのいいもの。でも、低山でそんな日差しを浴びることができるのは冬ならでは、なんです。考えてみれば当然のことなのですが、春から秋にかけては木々は繁っています。しかし冬は葉っぱが落ちて幹と枝だけになっているため、光が地面まで届きます。夏の間は「日陰だった」登山道が「日向」になっているはず。そうするとポカポカ暖かいですし、視界が開けやすくなっていることは多くあります。ただしこれは広葉樹林帯の話。植林などで杉が植えられている林は冬でもうっそうとしていますのでご注意あれ。

魅力その② 澄み切った空気と景色を楽しめる!

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

冬は湿度が下がることもあり、遠くの景色がくっきり見えるようになります。とくに富士山の周辺の山では各地に展望台が設けられているコースもあります。真っ白に雪を被った富士山を眺めながら一休み。そんな楽しみ方ができるのも冬ならでは。定番の高尾山(500m)をはじめ、陣馬山(855m)、沼津アルプスとしても知られる香貫山(193m)など、標高が低くても楽しめる山がたくさんあるんです。山々を見ながらスーッと深呼吸をする。澄み切った空気は冬だからこそ味わうことのできる魅力なんです。

魅力その③ バードウォッチングが楽しい!

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

最後にオススメしたいのがバードウォッチング。木々が葉っぱを落としている分、視界が開けるので鳥が探しやすいため、目を凝らしてみるといろんな鳥を見つけることができるでしょう。夏は高山植物、秋は紅葉、冬はバードウォッチングというのはいかがでしょうか。山はいろんな生き物が生息する自然。ときにはカモシカといった山に棲む野生動物が登場することも。シブい!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが意外とハマるんです。ポケット図鑑を持って山を歩くのも楽しいですよ!

ほかにも「人が少ない」「晴天率が高い」など、冬の魅力はたくさん。近場の山でも楽しめる、という手軽さもありますね。そんな冬の低山ハイキングですが、やはり防寒が大事。〈ポリゴン2ULジャケット〉は冬だけでなくオールシーズン使用できるマルチなインサレーションジャケット。210gと軽量なのでバックパックにいつも忍ばせておけるアイテムなので、持っていて間違いない一着です。防寒着から行動着まで活躍する一着をお供に冬の低山ハイキングを楽しんでいただければと思います。

finetrack / ポリゴン2ULジャケット

finetrack(ファイントラック)

「ポリゴン2ULジャケット」がちょうどいい!冬にこそ楽しみたい低山ハイキングのススメ

「本当のアウトドアウエアとギアを創れるのは、本気で遊べる者だけ。」

finetrackでは、四季を問わずスタッフがそれぞれ真剣にフィールドに向かうことで、本当に必要な性能を持った、本当に良い商品を作るアイディアを生み出します。アウトドアにかかわる私たちだからこそ、自然や四季に恵まれた日本というフィールドの魅力を発信し、その楽しみを 一人でも多くの方に楽しんでもらいたいと願っています。

ショッピングカート