LA SPORTIVA(スポルティバ)

    TX TOP GTX/イエロー×ブラック/UNISEX

    ¥28,600(税込)

    • サイズ37(23.7cm)在庫なし

    • サイズ38(24.3cm)在庫なし

    • サイズ39(24.9cm)在庫なし

    • サイズ40(25.5cm)在庫なし

    • サイズ41(26.1cm)残り2点

    • サイズ42(26.7cm)残り2点

    • サイズ43(27.3cm)在庫なし

    icon_returnable10日間 返品・交換保証
    icon_returnable10日間 返品・交換保証

    LA SPORTIVAのアプローチシューズ ”TXシリーズ”のウィンターバージョン

    創業は1928年。北イタリア・ドロミテ山麓に今でも本社をおき、自然に囲まれた土地で山靴に向き合い、開発・製造を続けている〈LA SPORTIVA〉。これまでも多くの登山家が〈LA SPORTIVA〉のシューズを履き、ヒマラヤをはじめとした難所登山に挑んできた歴史からも、そのブランドに対する信頼性の高さは揺るぎないものがあります。


    その長きに渡るシューズ開発の過程で生まれた「マウンテニアリング」「クライミング」「マウンテンランニング」の3つのテクノロジーを融合させ誕生したのが、ラ・スポルティバの「トラバースXシリーズ(以後、TXシリーズ)」。

    ここでは、冬季フィールドに必要な保温性、防水性、堅牢性、そしてグリップ性能やサポート力など、さまざまな機能性を追求しながら、TXシリーズ共通の特徴でもある、しなやかな履き心地を実現したアプローチシューズ〈TX TOP GTX®〉に搭載された機能を詳しく解説していきます。

    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX4 ミッド GTX/グレー/MENS

    〈TX TOP GTX®〉の説明に入る前に、まずは「アプローチシューズ」について簡単に触れておきたいと思います。元々はクライマーが岩場へ行く(=アプローチする)ために履くシューズで、ソールの爪先側にクライミングゾーン(クライミングシューズのように平坦になっている)がついているモデルもあります。

    そのようなシューズは、岩場にアプローチするために長時間歩いたり、岩場をよじ登って通過したり、ビレイヤーが履いたりと、クライミングシューズを履いて岩を登る以外の時間を過ごすシューズであり登山靴とクライミングシューズの双方の役割を担うシューズとも言えます。

    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX4 ミッド GTX/グレー/MENS

    〈LA SPORTIVA〉では、そのようなアプローチシューズの主軸ラインを「TXシリーズ」と言う名称でシリーズ展開していて、日本では現在9種類のシューズが販売されています。用途によって、アウトソールやアッパーの素材・形状など特徴がそれぞれ違い、ユーザーの求めるニーズによってモデルを選択できるのも嬉しいところです。TXシリーズはアプローチシューズの中でさらに「Climb / Approach / Hike」と言ったパターンでカテゴライズされていて、ここでご紹介する〈TX TOP GTX®〉は、その中の「Approach〜Hike」に相当するモデルとなります。 

    つま先から足首までがゲイターで覆われ、外見は厳冬期用のマウンテンブーツのようにも見える〈TX TOP GTX®〉ですが、ゲイターの中を見てみると・・中身は何とローカットシューズ。片足500gと見た目に反してとても軽く、ソールもTXシリーズの〈TX 5 GTX®〉と同じフラットフォームが採用されています。

    そのため、足首の可動域はローカットシューズ並みに広く、トレイルランニングシューズとまではいきませんが、不整地を走れるほどの足さばきの良さを感じていただけるでしょう。ゲイター一体型のため、足首周りの保温性の高さは言うまでもありませんが、登山用のゲイターを装着せずにシューズ内部への砂利や雪、泥などの侵入を防ぐことができるのも嬉しいポイントです。

    では、シューズの機能性について詳しく見ていきましょう。シューズ本体には、最高レベルの防水透湿性を誇る「GORE TEX Extended Comfort」をライニングに採用し、内部のムレを効果的に排出する透湿性を保ちながら外からの濡れを防ぎます。冬のアウトドアスポーツを考えると、スノーシューなど動きが激しく発汗度合いも大きいスポーツにも最適な一足です。

    くるぶしに当たる部分には、ゲイターの内部にパットを内蔵し、軽アイゼンなどとの干渉をやわらげたり、岩などトレイル上の障害物から保護してくれるアッパーのデザインになっています。

    靴紐部分は、着脱しやすい「クイックレースシステム」を採用。グローブを装着したままでも操作が簡単で、二重構造のブーツの履きにくいというイメージを感じさせないスピーディな着脱を実現しています。また、トレイルランニングシューズにも採用されている、タンとアッパーを一体化し甲を巻き込み高いフィット感とサポート性を両立させるスポルティバ独自のアッパー構造も採用しています。

    ソールとアッパーをつなぐ爪先からヒールまでの外周全体は、肉厚のランドラバーで覆われていて、ゲイター部分が磨耗しないようにがっちりガードしています。さらに、足指部のトゥボックススペースに高さを持たせることで足先の締め付けを緩和し、指先の血行を妨げないようにすることで、低温下での血行を促進し保温性と快適性を追求した設計となっています。

    また、スノーシューでの使用も考慮し、ハーネスと干渉するつま先全体をPU素材で補強するなど、軽さを追求しながら手を抜かないディティールへのこだわりがここにも見られます。

    また、踵部分に関しても、全周囲に肉厚のランドラバーが巻き込まれ堅牢性が高い作りになっています。また、スノーシューの踵部のハーネスもしっかりと締め付けることができます。

    アッパーからミッドソールの土踏まずまでをひとつのパーツで巻き込むことで、重量を増やさずにフィット感と安定感の双方を向上させる「STBコントロールシステム」という仕組みもスポルティバのアプローチシューズの特徴の一つです。土踏まずから踵方向の両サイドに歩行時のブレを軽減するプラスティックプレートをはめ込み、その上からランドラバーで補強しています。シューズ外観には表れない機構ですが、不安定な路面コンディションでも左右の倒れ込みをしっかりと抑えてくれています。

    また、アウト側のミッドソール小指の付け根近く(黄色い部分)に少し角度をつけて外側方向に張り出させ、底面積を広げているのもTXシリーズ共通の特徴です。これにより足を着地する瞬間に外側に倒れこもうとするエネルギーを吸収し、不整地でのねじれ強度を高め、安定性を向上させています。

    このような不整地での安定感にこだわった細部の設計に加えて、とにかくクッション性が高いのがこの〈TX TOP GTX®〉にも採用されているミッドソールの特徴です。そこには、トレイルランニング用のシューズを長年設計してきたスポルティバのノウハウが注がれていて、荷物を背負った状態で路面からの突き上げから足を守り、筋肉へ伝わる振動を最小化するテクノロジーが注ぎ込まれています。

    では、アウトソールについても詳しく見ていきましょう。アウトソールラバー材の最高峰ともいわれるVibram®社の素材を使用し、その中でも、濡れた岩場や路面で圧倒的なグリップ力を誇る「メガグリップ」を採用しています。

    ラグ(アウトソールの凹凸)の形状にも特徴がありVibram®社とスポルティバが共同開発した「インパクトブレーキシステム」と呼ばれるラグパターンを使用しています。下り坂でのスピードをコントロールするブレーキ性能と、上り坂で確実に地面を捉えて蹴り出すための高いトラクション力を引き出し、さらに着地時の衝撃吸収を行うといった、登山靴のソール開発技術の粋を集めたアウトソールが搭載されています。

    冬季のアウトドアフィールドでの活動に必要な保温性、防水性、堅牢性、そしてグリップ性能やサポート力などのさまざまな機能性を追求しながら、しなやかな履き心地を実現している〈TX TOP GTX®〉。タウンユースからスノーハイクまで、季節を問わず、よりアクティブに登山やハイキングを楽しみたいという軽量志向の方へ、幅広いアクティビティの可能性を広げる、まさにスポルティバならでは汎用性の高い一足と言えるモデルです。

    今でこそ多くのメーカーが様々なスタイルの登山靴を製造・販売する時代になりましたが、90年以上前から北イタリアの山岳地帯で登山靴に向きあい、現在でも常に高度な技術で新しいプロダクトを提供してくれている孤高のアウトドアシューズブランド〈LA SPORTIVA〉。

     

    世界的ブランドになった今でも、ドロミテの山麓にある山間の小さな町に本社工場や開発センターを置き、様々なアウトドアアクティビティのフィールド、そして登山家やアスリートをはじめとするユーザーに寄り添ったモノづくりが行われています。

     

    そのような環境から生まれる〈LA SPORTIVA〉の伝統と革新を象徴するようなこの「TXシリーズ」。それぞれの山行スタイルにフィットする一足を見つけて、これまで以上に快適で躍動的な山旅を楽しんでいただければと思います。

    スポルティバ(LA SPORTIVA)/ MENS

    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX4/ブルー×グレー/MENS
    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX4 ミッド GTX/グレー/MENS
    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX5 ロー GTX/イエロー×チャコールグレー/MENS
    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX5 GTX/イエロー×チャコールグレー/グレー/MENS
    LA SPORTIVA(スポルティバ)/アカシャ/イエロー×グレー/MENS
    LA SPORTIVA(スポルティバ)/TX5 ロー GTX/グレー×ブルー/MENS

    スポルティバ(LA SPORTIVA)/ UNISEX

    サイズ

    EU size 37 38 39 40 41 42 43

    cm

    23.7cm

    24.3cm

    24.9cm

    25.5cm

    26.1cm

    26.7cm

    27.3cm

    ※cm表記は実寸です。個人の足型や好み、モデルによっても変化する場合がございます。

    ブランド

    名称

    TX TOP GTX/イエロー×ブラック/UNISEX

    ゲーター

    ウォータープルーフシングルメッシュ

    ライニング

    GORE-TEX Extended Comfort

    ソール

    ビブラムメガグリップ+インパクトブレーキシステム

    重さ(1/2ペア)

    約500g

    カラー

    イエロー×ブラック

    特徴

    TXシリーズのウィンターバージョン

    保温力を高めるゲイターを装着。グローブ装着時でも着脱がしやすいようにスピードレースシステムを採用。靴内のつま先部分のボリュームを少し高めることで指先の血行を高め快適にウィンターハイクを楽しめる。降雪、積雪時のタウンユースにも最適。ーチルートや重装備でのトレッキングにも対応可能。