「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

登山時の荷物を「運ぶ」ためのバックパック。しかし、ひとことでバックパックと言ってもサイズや機能、デザインなどバリエーションはさまざま。あれもこれも見ているうちに「どれが自分に合っているんだろう」「行きたい山にはどんなモデルを選んだらいい?」と悩みが浮かんでくることもあるでしょう。そこで、今回はYAMAP STOREが厳選したモデルを、4つのテーマでご紹介。最高の相棒がきっと見つかるはずです!

山道具としての「機能」を重視。背負い心地や丈夫さにこだわった逸品

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

「歩いているうちに肩が痛くなる」「岩場で安定感がほしい」といったストレスとは無縁なモデルがこちら。背負い心地のよさだけではなく、タフな環境下での長期間の使用にも耐えうるタフさが魅力。安くない買い物だからこそ、長く使えることは大事な要素です。

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)/クーリー

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

アメリカの伝説的バックパックデザイナーである、デイナ・グリーソンが率いるミステリーランチ。米軍が使用するバックパックも手かげており、質実剛健な作りとあらゆるフィールドでの背負い心地のよさが魅力です。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

特徴的なのは「3ジップデザイン」と呼ばれるユニークなフロントの開閉システム。ガバッと開ければ荷物が一目瞭然。また、背面長を調整できる「フューチュラヨークシステム」も秀逸で、身長や体型に合わせて最適なフィット感を実現可能。重い荷物を背負ったときでも、しっかりしたパッドとハーネスのおかげで安定感があり、バランスを崩さず軽快に歩くことができます。日帰り登山向けの25Lサイズ、小屋泊登山向けの40Lサイズがラインナップ。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/バディ33

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

トレイルランニング向けバックパック「RUSH」で培った機能をふんだんに盛り込んだハイキングモデル「BUDDY」シリーズ。アクティブな山行時でも「ブレない」高重心設計を採用しており、クラシカルな見た目からは想像できないほどのフィット感のよさが魅力。ポケットの配置も登山での行動パターンを考慮した配置になっており、使っているうちに「よく考えられている!」と作り手の思いを感じるほど。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

メイン開口部は体側に開く仕様となっており、アタッチメント部分はショルダーハーネスに連結する設計になっているのですが、これは重心を体に寄せることで負荷を軽減するための工夫。背中に吸い付くような背負い心地を体感すると、ついつい走り出してしまいたくなるほど。小屋泊にも対応する33リットルモデル。

「ライトウェイトモデル」で身体への負荷を軽減。足取り軽く、たくさん歩こう!

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

もともとはアメリカのロングトレイルを歩くために生まれたUL(ウルトラライト)。軽量化を追求することで、体の負荷を抑えて長く歩こうというというスタイルです。かつては一部のハイカーが取り入れるマニアックなものでしたが、現在は一般登山者向けのULアイテムも多く展開され、メジャーなジャンルのひとつとなりました。ここではそんなULのテイストを感じさせる軽量モデルをピックアップ

macpac(マックパック)/へスパー30&ハーパー30

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

ニュージーランド発のバックパックメーカー「macpac」が新たに展開をはじめたファストパッキング向けモデル。これまでのクラシックなイメージを一新し、ライトウェイト&ファストなラインナップが登場しました。なんと重量は約730g(ヘスパー30/S2サイズ)と超軽量。軽量モデルでありながらも、やはりmacpac。メインファブリックには摩擦に強いUTSコーティングを施した100Dリップストップナイロンを採用するなどフィールドでの耐久性もバッチリ。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

バックパネルは波型にすることで、フィット感と通気性を両立。荷物の背中へのアタリも軽減され、快適な背負い心地を支えています。フロントとサイド、そしてウエストベルトなど多彩なポケットが使いやすさを向上。ユニセックスモデルの「ヘスパー」とウィメンズモデルの「ハーパー」があります。小柄な女性には「ハーパー」がオススメ。

MINIMALIGHT(ミニマライト)/オーディナリーパック

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

日本のガレージブランド「MINIMALIGHT(ミニマライト)」による、ULスタイルのバックパック。コンセプトは「山も日常、街も日常」。17Lという日帰り登山にちょうどいいサイズ感で、機能は必要最小限に抑えることでわずか395gと軽量に仕上げています。低山ハイクはもちろん、タウンユースもしやすい汎用性の高さが魅力です。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

メインファブリックにはハリのある「X-PAC VX21」を採用。荷物が少ないときでもバックパックの形状が維持されるため、パッキングがしやすいのがポイント。もちろん耐久性も抜群の素材なので、山でも街でもガシガシ使えるタフさも持ち合わせています。背面とショルダーベルトはメッシュ素材を配置し、行動時の快適性にも配慮しています。

「荷物量の変化」にも対応する、ひとつで何役もをこなすマルチなバックパック

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

当然のことながら、山行内容や季節によって荷物量は変化します。そのため日帰り登山はデイパック、小屋泊は30L、縦走は…というように複数のバックパックを持っているという方は少なくないはず。しかしバックパックを揃えるのも、都度選ぶのも大変。そんな悩みを解決してくれるのが、「容量調整」ができるモデル。ロールトップやコンプレッションを上手に使うことで荷物量にかかわらず最適なフィット感を実現してくれます。

and wander(アンドワンダー)/エックスパック 30L バックパック

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

2011年にブランドがスタートした、日本発ガレージブランドの代表格「and Wander」。ISSEY MIYAKE出身のデザイナーが放つモードなアイテムは、その機能性と相まってファッションアイテムとしても人気を集めています。この「エックスパック 30L バックパック」はブランドの初期からラインナップする定番モデルのひとつ。メイン生地にX-PACを使用した軽量性が魅力で、斜めに大きく開くメインコンパートメント(本体内部)へのアクセスジッパーがトレードマーク。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

日帰り&小屋泊にちょうどいい30Lモデルですが、サイドの上部と中央部にコンプレッションベルトを設けており、締めることで荷物量が少ないときでも安定感を維持することが可能。背面長を調整できる40Lモデルもラインナップ。

macpac(マックパック)/へスパー40&ハーパー40

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

先ほどご紹介した「ヘスパー&ハーパー30」の40Lモデル。こちらはサイズアップに伴い、安定感を高めるためにフレームをプラス。そのフレームは「ヘリウムエア」と呼ばれるブランド史上最軽量のものを採用し、40Lモデルでありながら重量はおよそ1000gに抑えています。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

最大の特徴は、トップを丸めることができ、荷物の量に合わせて内容量を調整できるバックパックであること。山行や荷物量にあわせて都度バックパックを変える必要がなく、荷物多めの日帰り登山から小屋泊、ファストパッキングまでこのバックパックで完結します。

機能もデザインも大事! 登山仕様のデザイナーズバックパック

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

バックパックもウェアも、デザインや色へのこだわりははずせない!すこし懐かしいような、オールドスクールなデザインが好き!という方にはこちらを。ファッション的にも楽しいですし、趣のある山小屋で写真をパチリ!というのもいいですよね。そして、ルックスだけでなくもちろん機能性も重視しているのがYAMAP STOREの目利き。背負っているときでも、その魅力を感じられるモデルを揃えています。

RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)/バンビ

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

「自分たちが使いたいもの」をテーマにものづくりをする日本のガレージブランド「RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス)」。「バンビ」は日帰り登山にちょうどいい28Lサイズでありながら、重量はなん500gを切る軽量モデル。ザラっとした風合いのナイロン生地をベースにしつつも、ULテイストあふれるメッシュポケットやX-PACファブリックなどを組み合わせることで、レトロさとガレージブランドらしさをミックス。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

見た目のスタイリッシュさもさることながら、歩行時の安定感を高める上半身に重心を乗せた設計や多彩なポケット&ボトルホルダーが山での実用性を高めています。メイン生地のナイロンをX-PACファブリックに変更したモデルもご用意していますので、ぜひチェックしてみてください。

macpac(マックパック)/ウェカ

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

来年創業50周年を迎える「macpac(マックパック)」。長い歴史のなかでブランドを支えてきたのは、過酷なニュージーランドの自然環境に耐えうる素材として開発された「アズテック」というコットンとポリエステルを混紡した特殊素材。自然の風合いに耐久性をプラスすることで、長期間の使用における耐久性を向上。デニムのように使うほどに味の出るため、経年変化=山行の思い出として愛着が増すのも魅力となっています。

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド
「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

そんな「アズテック」に、環境に配慮した軽量タイプ「エコ アズテック」が登場。これまでのテイストをそのままにアップデートしています。もちろん背負い心地や機能性も充実。トップリッド(雨蓋)&2本締めのクラシックなルックスは、コーディネートを楽しみたいという方にもイチオシです。

「選ぶ悩み=楽しみ」として捉えよう

「どれがいいかわからない」に終止符を。登山の相棒「バックパック」徹底ガイド

アウトドアメーカー各社からさまざまなバックパックが発売されており、どれを選んだらいいのか悩んでしまうのも無理はありません。今回は大きく4つのテーマでピックアップしてみましたが、それぞれ個性あふれるモデルばかり。気になったバックパックをぜひともチェックしてみてください。最後に、山行シーンやシーズンに合わせて選ぶのもいいのですが、直感でコレ!と決めてしまうのもアリ。そのバックパックに合わせて山を選んだり、山行スタイルを決めたっていいんです。それくらい、バックパックは魅力的なプロダクトなのですから。

紹介したブランド

  • macpac

    macpac

    1973年、ニュージーランドで生まれたマックパックは、「Simplic...

  • MYSTERY RANCH

    MYSTERY RANCH

    Mystery Ranch(ミステリーランチ)は『機能性』『背負い心地...

  • PAAGO WORKS

    PAAGO WORKS

    パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです。...

  • MINIMALIGHT

    MINIMALIGHT

    関西・京都発のUL(ウルトラライト)系ガレージブランド。「最低限の要素...

  • and wander

    and wander

    雨にふられるのも 風にふかれるのも 歩くのも 山は楽しい 2011春...

  • RawLow Mountain Works

    RawLow Mountain Works

    RawLow Mountain Worksはバッグデザイナーとして20...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード