「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

遊び心のあるユニークなアイデアで人気を集めている「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」の「スイッチ」。ショルダーバッグとしてだけでなく、バックパックと組み合わせることでフロントバッグにもなる、多彩な使用方法が可能な今注目のアイテムです。一方、ショルダーハーネスを使用したミニポーチとして愛されてきた「スナップ」。どちらもミニポーチでありながらも、まったく使い方は異なります。さあ、あなたならどちらを選びますか?

今回紹介する商品

PAAGO WORKSが提案する進化版ユーティリティバッグ「スイッチ」

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ」を簡潔に表現するならば、「自由自在なミニポーチ」。サコッシュのように肩掛けだけではなく、チェストバッグやショルダーバッグ、ヒップやバックパックのサイドに取り付けられるなど、汎用性が高いのが大きな特徴。使用シーンや目的にあわせて使い方を変えられるんです。

そんな「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ」の魅力を深掘りしてみたいと思います。

使い方①|バックパックと組み合わせて容量を増やす

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

まずは、オプションの収納スペースとして、バックパックに取り付ける使用パターンをご紹介。「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ」の本体の両端には特殊な形状のフックが取り付けられています。ゲート付きのカラビナのようなフックなので、バックパックのループに掛けることが可能。

同じ「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」のバックパックシリーズはもちろん、お手持ちのバックパックのループを確認してみましょう。サイドのベルトループを有効活用すればバックパックの拡張性がグッと広がります。

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/バディ」シリーズなら、スイッチは背面にも取り付けられます。この位置なら腕の可動域に当たらないため、狭い登山道や藪漕ぎなどもストレスフリーに。

使い方②|ショルダーハーネスに結合してサコッシュのように

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

バックパックとの組み合わせでもっともオススメなのが、チェストに取り付けるパターン。スマートフォンや行動食などのすぐに取り出したいアイテムはここに入れておけば、歩きながらでも立ち止まったときでも、バックパックをおろさずに荷物にアクセスできます。もちろん両サイドで固定するので重さも偏らず、安定感は抜群。

サコッシュはかがんだときに身体から離れてしまうので、靴紐を結ぶときに顔の前をゆらゆらとさまよい、煩わしく感じた経験がある方も多いはず。「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ」なら、身体から離れることがないため、そのような心配はありません。

使い方③|単体でシンプルに

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ
「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

気軽なショルダーバッグとしての着用もOK。長さ調整可能なベルトが付属しているので体格や使用シーンに合わせてフィット感を調整できます。ポイントはベルトの取り付ける向きを変えられること。フックを付け替えることで、長さ調整パーツを左右どちらにでも付け替えることは可能。

そのため、右掛けでも左掛けでも、使いやすい方に調整パーツを持ってくることができます。これ、結構使いやすさを左右する大事な機能なんです。

身体にしっかりフィットする背面形状のため、ウエストバッグとして使用することも可能。シーンや服装に合わせて最適な使い方を見つけてくださいね。

使い方は十人十色。好きにアレンジしてみて

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

もちろん、写真のようにショルダーハーネスにつけるも良し。また、ショルダーバッグとしてサコッシュのように使いながら、バックパックを上から背負う組み合わせもOK。バックパックを下ろしたときも「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ」を取り外す必要がないので常に貴重品を体から離さずにキープできます。というように、本当に多彩な使い方ができるのが魅力。考えられることをすべて盛り込んだ、まさに自由自在なユーティリティーバッグなんです。

サイズはM、L、XLの3サイズでの展開。Mは1L、Lは2L、XLはなんと3.2Lの容量。貴重品だけ手元に置いておきたい人から、ガイドブックやタオル、ファーストエイドキットなどいつでも取り出せるようにたくさんのアイテムを準備しておきたい人まで、ご自身のスタイルに合わせてお選びください。

数量限定のYAMAP別注モデルも登場

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

限定色となる「ECOPACK(エコパック)」ファブリックのシルバーで用意した、YAMAP STORE仕様の特別モデル。レギュラーモデルとは一味違ったデザインが魅力となっています。数量限定となるので、気になる方はお早めに。

ショルダーハーネスを収納スペースにしてくれる「スナップ」

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スナップ」はショルダーハーネスに取り付けるタイプのミニポーチ。ハーネスの幅にフィットする縦長の形状ですが、ジッパーで大きく開くので小物をたっぷり収納。取り外しもラクラクなので登山中に必要なアイテムの定位置として活躍してくれます。スマートフォンやサングラスだけではなく、なんと500mlペットボトルも入ってしまう頼もしい相棒です。

ベルクロ or フック!? 多彩な取り付け方法

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ
「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

取り付け方法は2つ。ショルダーハーネスには背面のベルクロを使用して装着します。ベルクロには穴が空いているので、バックパックのチェストベルトに通せば滑り落ちることがありません。

一方、上部にはフックが設けられており、バックパックのループやデイジーチェーンに掛けることが可能。ループがあれば掛けることができるので、テント内や移動時などにも大活躍します。

左)バックパックのループに取り付けたパターン。フックを活用すれば幅広い使用シーンに対応可能。
右)ワンタッチでショルダーハーネスに装着可能。チェストベルトの上に通すのが滑り落ちを防ぐポイント。

ショルダーハーネスのスペースを有効活用しよう

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ

「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スナップ」の最大の特徴は、ショルダーハーネスの上に取り付けることによるスペースの有効活用。サコッシュやポーチよりも体にかかる面積が少ないため、煩わしさがほとんどありません。

また、とくに夏場など汗をかきやすいシチュエーションではウェアの通気を妨げることもないので快適性もキープできます。なにより、ちょうどいいサイズ感なので歩いていて邪魔にならないのが大きなポイント。

手元にいろいろなアイテムを置いておきたくなりますが、「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スナップ」に入り切るくらいがちょうどいいもの。そんな絶妙なサイズ感もさすがの一言です。

さあどっち? スイッチ派?それともスナップ派?

「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」の「スイッチ」と「スナップ」をご紹介しました。多彩なアレンジができる「スイッチ」は、これまでのポーチの不満を解決し、さらに使い方の幅広さを提案してくれるユーティリティバッグの進化系。「スナップ」はバックパックのショルダーハーネスに着目したアイデア商品。ジッパーで大きく開くのが利便性を高めています。

どちらを選ぶのか、それとも両方か。登山シーンを思い浮かべて、どちらが自分にぴったりなのか妄想してみてください。そして山で使ってみてください。きっとさらなる魅力に気づくはずです。それが「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」のものづくりの真髄なのですから。

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スイッチ

PAAGO WORKS(パーゴワークス)/スナップ

スイッチ/スナップと相性抜群のバックパック「バディ」シリーズ

使い勝手バツグンのサブバッグであるスイッチ、スナップと相性が良いバックパックはやはり、「PAAGO WORKS(パーゴワークス)/バディ」シリーズ。色味やデザインが合わせやすいのはもちろんですが、スイッチやスナップのフックを引っ掛けるためのループがいくつもあるのが一番の使いやすさの特徴です。

またバディに共通する機能として、ボトムの部分は狭く、トップ部分に幅をもたせた逆台形のデザインも注目してほしいポイント。このデザインの利点として、バックパックにサブバッグをいくつ装着しても、野暮ったくならず、スマートなシルエットをキープしたまま容量を増やせるメリットがあげられます。安定感も良いので、パッキングが苦手という人にも安心して使える仕様となっています。

着眼点が面白い!徹底的に使いやすさを重視したパーゴワークスの山道具6選

「スイッチ派」? それとも「スナップ派」?「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が提案する進化版ミニポーチ
読みものを見る

    紹介したブランド

    • PAAGO WORKS

      PAAGO WORKS

      パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです。...

    関連する記事

      関連する記事は見つかりませんでした

      注目の検索キーワード