山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

一年の中で最も寒さが厳しい頃とされる二十四節気の「大寒」を迎えました。この寒さが過ぎてしまえば季節は春に向かって進んでいきます。残り少ない冬をたのしみながら、新しい季節を迎える準備をはじめてみませんか。

例えば春を迎える前にウェアを一新するという手もあります。とはいえ、アウトドアウェアは山以外で着る機会が少なく悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回ピックアップしたのが、日常から山まで幅広く使えるRIDGE MOUNTAIN GEAR(リッジマウンテンギア)のアイテムです。通勤やお出かけ、日々のトレーニングからフィールドまで、ひとつでOK。山と街を結ぶアイテムの数々を見ていきましょう。

頭部の大きさ問わずフィットするキャップ

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

ベーシックキャップ フランネル / コーデュロイ

リッジマウンテンギアの人気アイテムといえば、日常からアウトドアシーンまで使えるベーシックキャップです。ざっくり大きめの作りなのでゆったりと深くかぶれることから、頭回りが大きい人も心地良く着用できます。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

生地のタイプはフランネルとコーデュロイの2種類。オーストラリア産のメリノウールを使用したフランネル生地は温もり感たっぷり。メリノウール特有の高い保温性、通気性、調湿性、高い防臭力(抗菌性)も兼ね備えています。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

秋冬らしいコーディネートを楽しめるコーデュロイは、日常使いのファッションアイテムとしても。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

ヒサシ部分は日よけ効果を発揮しながら、風の影響を受けづらい丁度よい長さです。汗止め部分にはCOOLMAX®生地を採用し、吸水速乾性・UVカット(UPF40+)の機能を兼ね備えています。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

サイズ調整も簡単で、内蔵されたゴムコードを絞るだけ。風の影響を受けやすいシチュエーションでも安心です。

ベーシックキャップの製造を請け負うのは、香川県の老舗帽子メーカー。リッジマウンテンギアと手を取り合い、よりよい製品を生み出しています。

フードをプラスして雨や日光を遮るシャツ

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

ポリフーデットロングスリーブシャツ

ありそうでなかった! フード付きのシャツ「フードポリフーデッドロングスリーブシャツ」です。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

ちょっと珍しいこのスタイルですが、デザインだけでなく実用性を兼ね備えているのがポイント。強い風が吹いたり雨がぱらついたり、日差しが厳しかったり、急な天候の変化にもさっとフードを被れば安心感が増します。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

留め具にはスナップボタンを採用。日常シーンでサッと羽織りたいときにも便利です。テクニカル過ぎないデザインは多用途に使えるウェアとして長けています。

とろける肌触りで暖かく包み込むフリースセット

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

フリースレイジージャケット/パンツ

寒さが苦手な人におすすめなのが、とろける肌触りのフリースレイジージャケットとパンツです。防風性・撥水性にプラスし、防寒機能を進化させた素材「Polartec® Wind Pro®」は、冷たい外気から体を守りつつ体内の熱気や蒸気を分散させ逃す優れもの。

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

申し分ない機能面に加えて、やみつきになる滑らかな肌触りが特徴。商品名の通り「Lazy(怠惰)」になってしまいそうな着心地の良さです。セットアップのパンツと合わせ、寒い季節のリラックスウェアとして。

山と日常の境界線をなくす「リッジマウンテンギア」のモノづくり

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

「山で過ごす時間と日常を、シンプルに過ごすための道具を作りたい」と話すのは、リッジマウンテンギアの代表・黒澤雄介さん。その根底には、道具の選定やウェア選びをもっとシンプルにしたいという想いがありました。

街でも山でもアイテムを共有できれば、今まで以上にクローゼットがすっきりし、お財布にも優しいという効果も。山と街との境界線がなくなれば、山との心の距離もより近付くかもしれません。ぜひリッジマウンテンギアのアイテムをチェックしてみてくださいね。

インタビューを見る

他にもおすすめの
リッジマウンテンギアのアイテム

顔周りを優しく包み込む
首以外にも便利なロングタイプ

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

日常に馴染む見た目で
山に必要な機能満載したザック

山でも街でも使えて収納の悩みを解決|シンプルなモノづくり「RIDGE MOUNTAIN GEAR」

紹介したブランド

  • RIDGE MOUNTAIN GEAR

    RIDGE MOUNTAIN GEAR

    RIDGE MOUNTAIN GEAR(リッジマウンテンギア)は山で過...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした

    注目の検索キーワード