山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

登山の楽しみ、山ごはん。バーナーにクッカー、カトラリーを揃えて…といろいろアイテムを見てみても、たくさんありすぎて選べない!という方も少なくないと思います。また、それぞれよさそうなものを買ってみたものの組み合わせがよくない、やってみたかった山ごはんには使いにくかった、ということもあるのではないでしょうか。
そこで、YAMAP STOREで取り扱う調理道具をシーン別でコーディネート。縦走登山、デイハイク、女子山旅、ファストパッキング、ソロキャンプの、6つのスタイルでご紹介します。きっと、理想の山ごはん調理道具が見つかるはずです。

1. 北アルプス・表銀座の縦走登山に。スマート&コンパクトな山の達人セット

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

たとえばアルプスの縦走登山。調理器具には、どんなシチュエーションでも安心して使える信頼性と縦走の負荷にならない軽量性の両立が欠かせません。そこでオススメなのが、「SOTO サーモスタッククッカーコンボ」と「SOTO ウインドマスター」を軸にした達人向けセット。
「SOTO サーモスタッククッカーコンボ」は、ステンレスとチタン、アルミの3種類のクッカーがスタッキングできるマトリョーシカのようなクッカーで、内側の2つは重ねることで保温マグとしても使えるのが特徴。一番大きいアルミのクッカーでごはんを調理、ステンレスのクッカーでお湯を沸かしてスープを作り、チタンのクッカーに入れて保温というように、1つのセットで多様な使い方ができるんです。

縦走登山のように荷物を減らしたい山行であればクッカーはひとつ!と決めている方も多いと思います。でもやはり複数あった方が便利ですし、調理の幅も広がります。カトラリーは「ワンダーラスト/カトラリーケース」にまとめてこちらもシンプルに。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

「SOTO サーモスタッククッカーコンボ」の上には「SOTO パワーガス(小)」がぴったりスタッキング可能。「SOTO」で揃えることでこんなにもコンパクトになるんです。総重量は509gと軽量。テント装備や寝袋、防寒着などなど、どうしても荷物が増えてしまうアルプスの縦走登山。調理道具はスマートにまとめたいですね。

2. 軽やかな装備でピークハント。丹沢の山頂でヌードルとコーヒータイムを

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

低山のデイハイクであっても、お昼ご飯とコーヒータイムはしっかり楽しみたいもの。ならば固形燃料の代表格・エスビットを軸にしたミニマムセットを。燃料は「使う分だけ」。賢く必要最低限に道具を絞ることで軽量化しつつも、おいしい山ご飯とコーヒーを味わえます。
さまざまなクッカーサイズに対応できる「Esbit ポケットストーブ ミディアム」、燃料は十分な火力のある「Esbit  固形燃料 27g×8入り」を。小分けにできるタイプなので、調理用とコーヒー用の1つずつカットして「Esbit ポケットストーブ ミディアム」の中に収納すれば完璧。クッカーは「EVERNEW UL/ALUナベ 700」と「EVERNEW UL/ALUナベ 700 フタ」。火力が限られる固形燃料の熱を逃さず調理ができます。
山頂に到着したら「EVERNEW UL/ALUナベ 700」でお湯を沸かしてラーメンを調理。食後は「EVERNEW チタンマグカップ 400FH RED/400ml」でコーヒータイムを満喫しましょう。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

「EVERNEW UL/ALUナベ 700」「EVERNEW UL/ALUナベ 700 フタ」「Esbit ポケットストーブ ミディアム」「Esbit  固形燃料 27g×8入り」「EVERNEW チタンマグカップ 400FH RED/400ml」の合計重量は524g。なんとペットボトル1本分の重さでラーメンとコーヒーを作れるんです。デイハイクだとついついコンビニのおにぎりで済ませがち。しかしこんなミニマムなセットがあるだけで最高なランチタイムが実現できるんですよ。

※「EVERNEW(エバニュー)/UL/ALUナベ 700」は近日入荷予定です

3. 立山ハイクはかわいさ重視で決まり! 思わず写真を撮りたくなるランチセット

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

ふつうの山用コッヘルよりもっと遊び心が欲しい!そんな方には「焼く」ための道具、フライパンを試していただきたいと思います。ソーセージやベーコンをこんがり、パンも香ばしく焼き色をつけたり、チーズダッカルビで仲間がびっくりする山ご飯を作れます。
山用フライパンは、取手を折り畳める「EVERNEW フライパンケース」を。「EVERNEW フライパンのふた」つきなので蒸し焼きもOK。取り分けのお皿とカトラリーは口当たりのよい「EVERNEW ブナカップ(S/M)」「EVERNEW プチスプーン/プチフォーク」がオススメ。
暗くなったテント場を明るくしてくれる「SOTO ひのと」もお忘れなく。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

カトラリーやナイフは「EVERNEW ウルトラライトパン#16」の中に。「EVERNEW ブナカップ(S/M)」はスタッキングできるので省スペースになります。合計重量は627g。食材をもちより、2人で道具をシェアすればどんな山行にも携行できる重量&コンパクトさ。テント場での注目を集めること間違いなし!なセットです。

・SOTO(ソト)/ひのと/シルバー

・EVERNEW(エバニュー)/ウルトラライトパン #16

・EVERNEW(エバニュー)/フライパンのフタ/16cm

※こちらのアイテムは近日入荷予定です

4. 沢水を浄水してライトウェイトに! 奥多摩ファストパッキングもこれで完璧

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

荷物を極限まで削り、UL(ウルトラライト)スタイルで山を駆け巡るファストパッキング。軽量化した装備とテクニックを駆使することで、難しさのなかに面白さを見出しすトレラン的な機動性が醍醐味ですが、実は幕営と夜のご飯が楽しみ、という方も少なくありません。
そんなファストパッキングにオススメなのが、国産ブランド・EVERNEWによるコンパクト&ライトウェイトな調理システム。「EVERNEW Ti570 Cup/570ml」を中心に、「EVERNEW チタンカップ400FD」や「EVERNEW mulTidish」といった多彩な軽量なクッカー類はすべてスタッキング可能。火力はULの代名詞的存在の「EVERNEW チタンアルコールストーブ」で。ルート上に沢があるなら「KATADYN ビーフリー 0.6L」で浄水すれば携行する水は最小限でOKです。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

なんと、これらのEVERNEWのアイテムはすべて「EVERNEW NP クッカーケース 570」に収まってしまうんです。まさにシンデレラフィット。しかも重量はわずか307gと驚きの軽さ。ファストパッキングのみならず、ULらしい道具遊びのあるハイキングを楽しみたいという方、必見のセットではないでしょうか。

5. 槍ヶ岳グループ登山を支えるがっつり調理セット。夜は煮込みと〆のうどんで

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

山は軽さよりも楽しさを優先! バックパックはいつも荷物満載、暑苦しくても賑やかな登山が好きならばこんなセットはいかがでしょうか。複数人での調理に対応してくれるのは、大容量1.8Lを誇る「SOTO ナビゲータークックシステム」を中心に、バーナーは過酷なシチュエーションでも火力が安定し、大鍋を乗せてもぐらつかない「SOTO フュージョントレック」を。
煮込み料理を作って、〆にはうどんか雑炊で。そんなガッツリ山ごはんが目に浮かびます。
まさに「質実剛健」なセットですが、アウトドア用テーブル「SOTO フィールドホッパー」を持って行けば安心。衛生面でもテーブルがあった方がベターです。コンパクトに折り畳めるので持ち運びも苦になりません。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

こんなにしっかりした調理セットですが、重量は1249g。もし3人のグループなら、1人当たり420gほど。これだけ軽量に済むのであれば、その分食材をたくさん担いでいけるはず。おいしい山ごはんは頑張って登ったごほうびであり、次の日の活力になります。そして気兼ねのない仲間と山で過ごす時間はかけがえのないもの。グループ登山の調理は、ソロ装備よりも断然共同装備がオススメです。

6. 低山ハイクで贅沢ソロキャンプ。ギア好きのための移動式システムキッチン

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

樹林帯のキャンプサイトを目指してハイキング。自分だけのお気に入りのスポットで食べる贅沢山ごはんはまさに至福のひととき。本格調理となると調理器具がかさばりがちですが、SOTOで揃えればアウトドア版移動式キッチンの完成です。
火力調整がしやすく、絶妙な火加減が求められる調理では圧倒的な使いやすさを誇る「SOTO レギュレーターストーブ」。登山用のOD缶よりもコストパフォーマンスに優れるカセットタイプのボンベ「SOTO REGULAR GAS」を使用するため、ガス量を気にせず調理に没頭できるのが魅力。
「SOTO ミニマルワークトップ」と「SOTO ミニマルクッカー角」と組み合わせることで、わずか幅38cm×奥行15cmほどのミニキッチンが完成。「SOTO ミニマルクッカー角」の容量はたっぷりの1L。煮込み料理や炊飯など、山では贅沢なご飯が欠かせない!という方にオススメ。ちなみにインスタントラーメンを割らずに入れられるサイズとなっているのがポイント。

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

「SOTO レギュレーターストーブ」「SOTO ミニマルワークトップ」「SOTO ミニマルクッカー角」「SOTO SOTO REGULAR GAS」の合計重量は1545g。収納サイズがコンパクトなのは、「SOTO ミニマルクッカー角」に「SOTO レギュレーターストーブ」がぴったりフィットするから。デイパックでのライトハイクにも可能なセットです。

※「SOTO(ソト)/レギュレーターストーブ/シルバー」は近日入荷予定です

調理道具は山行にあわせてベストチョイスを

山の調理道具は「組み合わせ」でスマートに。 理想のセットが見つかる、シーン別ギアリストを大公開!

シーン別に理想の調理道具セットをご紹介してきました。しかし、今週は低山ハイク、来週はアルプス縦走…というように、いろいろな山行を楽しむこともあるでしょう。そんなときはシーンに合わせて調理道具を組み合わせていけばOK。選択肢が増えるということは、それだけ楽しみが広がるということ。少しずつでいいんです。山に合わせた理想のセットを増やしていきましょう。

※文中の「総重量」は、カトラリー・布類を除いた総重量を表示しています


※ページ内でご紹介している下記商品は近日入荷を予定しています

「SOTO(ソト)/レギュレーターストーブ/シルバー」

「SOTO(ソト)/ひのと/シルバー」

「EVERNEW(エバニュー)/UL/ALUナベ 700」

「EVERNEW(エバニュー)/ウルトラライトパン #16」

「EVERNEW(エバニュー)/フライパンのフタ/16cm」

紹介したブランド

  • Esbit

    Esbit

    エスビットは1936年にドイツ南西部のシュヴァーベンの製造者であるエー...

  • FORESTABLE

    FORESTABLE

    野外の空間でも自然素材を使った食器で楽しく食事が出来るようにという想い...

  • EVERNEW

    EVERNEW

    1924年に金属運動具製造卸として創業して以来、“スポーツを通して健康...

  • KATADYN

    KATADYN

    1928年にスイスで創業した浄水器の専門ブランドです。カタダイン浄水器...

  • SOTO

    SOTO

    自然での使用を想定して道具を開発する。それがSOTOの出発点です。極限...

  • WANDERLUST EQUIPMENT

    WANDERLUST EQUIPMENT

    WANDERLUST EQUIPMENT(ワンダーラストエクイップメン...

  • YAMAP

    YAMAP

    登山の道具としてだけでなく、もの作りの現場から、購入していただいてから...

関連する記事

    関連する記事は見つかりませんでした